【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡を元気に−数分間に願い込め

本紙掲載日:2021-03-02
1面
花火師との打ち合わせを重ね、高校生らしさを出そうと単発の花火の後、50発ほどを一気に上げた(1日午後7時ごろ、延岡市惣領町から撮影)

夜空に大輪の花火

◆延岡星雲高2年生有志「やってよかった」

 1日夜、大輪の花火が延岡市の夜を彩った。新型コロナウイルスで大きな影響を受けた地元を元気づけたいと、延岡星雲高校2年1組の有志23人が企画し、打ち上げた。

 時折、雨が降るあいにくの天気だったが、午後7時からの数分間、大きな花火が次々に打ち上げられ、市内中心部を鮮やかな色で照らした。

 この日は、企画立案や花火師との打ち合わせなど、中心となって動いたメンバー5人が、打ち上げ場所の近く、須崎公園や、対岸の昭和町側河川敷で見守った。

 2月26日に夕刊デイリー新聞で花火の打ち上げが紹介されると、「応援したい」「協力したい」という声と共に複数人から寄付金が寄せられた。問い合わせは当日まで続いたほどで、リーダーの睫變値佞気鵝複隠掘砲蓮屬咾辰りしたけどうれしかった。高校生が大人の心を動かせるんだと思った」。寄せられた金額は、生徒たちが募金等で用意した10万468円と同じくらいの金額に上り、当初より多くの花火を打ち上げることができた。

 花火の直後、睫擇気鵑薀瓮鵐弌爾離好沺璽肇侫ンには、「見たよ」「すごいね」といったメッセージが多く届いた。「ドキドキが止まらない」と興奮した様子で打ち上げを喜んだ睫擇気鵑蓮屮灰蹈焚劼農鎖静にも経済的にも落ち込む中、少しでも頑張ろうと前を向く力になってくれていたらうれしい」。一緒に見守ったメンバーの渡辺美咲さん(17)は「8カ月準備し花火は一瞬だったがやってよかった。募金に協力してくれた商業高校など、みんなから力をもらえて感謝している。皆さんが笑顔になっていたらうれしい」と話した。

 寄付金の余剰分は、今後メンバーで話し合い、コロナ対策の募金に当てる予定という。

その他の記事/過去の記事
page-top