【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

売り上げ減、全体の68%

本紙掲載日:2021-02-24
1面

資金繰り「厳しい」「やや厳しい」57・8%

◆日向市がコロナの影響調査

 日向市は22日、市内の事業所や医療機関などを対象に1月に実施した「新型コロナウイルス感染症による影響調査」の結果を公表した。全体の68%が前年と比較して売り上げが減少したと回答した。資金繰りが「厳しい」「やや厳しい」は57・8%、3カ月後の見通しは「悪い」が55・2%を占めた。

 市は調査結果を踏まえ、第8弾となる緊急経済支援策を26日開会予定の市議会3月定例会の会期中に追加提案する方針。同日の定例記者会見で十屋幸平市長は「国の第3次補正予算に基づく地方創生臨時交付金などを活用しながら、引き続き感染予防対策、経済復興、新しい生活様式の構築などに必要な予算を計上したい」と話した。

 調査は市内1886事業所に調査票を郵送するアンケートで、1月6〜22日に実施。回収数は961事業所で回答率は50・9%だった。同市新型コロナウイルス感染症緊急経済対策支援室が調査し、結果をまとめた。

 前年と比較した売り上げの状況は、50%以上減少した事業者が131件(13・6%)、40%以上減少が88件(9・2%)、30%以上減少が144件(15・0%)で、減少した事業者は全体で653件(68・0%)。一方で増加した事業者が55件(5・7%)あり、変動がなかった事業者は253件(26・3%)だった。

 減収となった事業者は全業種にわたった。中でも売り上げが50%以上減少したと回答した業種は「宿泊・飲食業」の47件が最多で、「卸売・小売業」(31件)、「農業・林業・水産業」(16件)と続いた。

 資金繰りについては、「厳しい」「やや厳しい」と回答した事業者が556件(57・8%)と、苦慮している現状が見られた。「厳しい」と回答した事業所を業種別で見ると、「卸売・小売業」の56件が最多で、「宿泊・飲食業」(54件)、「農林水産業」(41件)の順。売り上げが減少した業種と比例して資金面においても厳しい現状がうかがえた。

 従業員の雇用状況については、765件(79・8%)が「影響がない」と回答。一方、「雇用者を削減した」と回答した事業所は131件(13・6%)だった。

 「新たに取り組んでいること」の問いでは、242件(25%)が「金融機関などからの借り入れ」を挙げた。また、258件の事業者が「対策なし・分からない」と回答しており、同対策支援室は過去に経験のない非常事態の中、困惑しながら経営方法などを模索していると推察した。

 3カ月後の見通しについて「悪い」と回答した事業者は531件(55・2%)、「横ばい」は415件(43・2%)だった。業種別で「悪い」と回答したのは「卸売・小売業」の125件が最多で、「農林水産業」(78件)、「医療、福祉施設」(68件)と続いた。

 今回の調査結果について、同市新型コロナウイルス感染症緊急経済対策支援室は「コロナ禍による影響は全業種に及んでいることが分かった。とりわけ宿泊・飲食業や卸売・小売業、農林水産業、医療・福祉施設などへの影響は大きく、売り上げの減少や資金繰りの悪化とともに、固定費や新しい生活様式に対応するための経費などが負担となり厳しい現状にある」と分析。その上で「調査結果を重視し、今後とも事業者をしっかり支えながら、地域経済の回復と市民生活の安定に向けた効果的な対策に努めたい」としている。

その他の記事/過去の記事
page-top