【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

黒木(門川出身)五輪代表入りを決意

本紙掲載日:2021-02-18
9面

延岡で初の強化合宿−7人制ラグビー女子日本代表候補

◆「メダル獲得目指す」

 ラグビー7人制女子日本代表候補の強化合宿が、14日から延岡市の西階陸上競技場で行われている。参加する門川町出身の黒木理帆(22)が16日にオンラインで取材に応じ、「日本代表としてチームに貢献し、メダル獲得を目指したい」と東京五輪の代表入りへ決意を語った。

 黒木は中学1年時に日向ラグビースクールで競技を始め、県内唯一の女子クラブ宮崎レディースでもプレー。女子ラグビーの名門石見知翠館高校(島根県)を経て立正大へ進んだ。2015年には史上最年少(17歳0カ月)で15人制の日本代表にも選ばれた。

 延岡合宿には、第2次オリンピックスコッドの28人が参加。ディフェンス強化に重点を置いた埼玉県熊谷市での1次キャンプに続いて行われており、延岡では「スペース」をキーワードに、状況判断を早くするアタックを中心に練習しているという。

 俊足を生かしたプレーが持ち味の黒木は「縦に出るところが強みで、チームの方向性とも合う。早めにボールをもらいスペースを突く、一段階上のプレーをしたい」と手応えをつかんでいる。

 2019年12月の国際大会中に負った右アキレス腱(けん)断裂のけがは、現在は完治。コンディションも上がっており「けがを恐れずに半年でより強くなって、オリンピックで戦える選手になりたい」と語った。

 中学時代には延岡に練習や試合などで訪れていたという。「成長して戻ってこられてうれしい」と笑顔で語り、県北のラグビー関係者や家族などに向け「私の可能性を自分より信じてくれ、今まで応援してもらった。その励みでここまでこれている。これからも応援よろしくお願いします」と話していた。

 合宿は26日まで。新型コロナウイルス感染対策のため一般非公開で行われている。

その他の記事/過去の記事
page-top