【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

社会福祉法人浩和会に金一封

本紙掲載日:2021-02-18
8面
贈呈式後に記念写真に納まる前列左から小林理事長、小倉社長、小倉取締役、後列右から長友支店長、山口事務長

オークラ製作、宮銀の私募債活用−日向

 日向市の家具・建具製造業「オークラ製作」(小倉好国社長)は12日、宮崎銀行(杉田浩二頭取)のCSR型私募債(愛称・With)を活用し、障害者支援施設「白浜学園」などを運営する社会福祉法人浩和会(小林精子理事長)に金一封を贈った。

 贈呈式は同市財光寺の浩和会であり、同社の小倉泰子取締役、浩和会の山口正義事務長、同行財光寺支店の長友勇生支店長らも同席し、小倉社長が小林理事長に目録を手渡した。

 小倉社長は、姉が施設を利用していることから寄付先としたことに触れ、「姉も利用を始めてから明るくなった。わずかだが、寄付をさせていただく」と語った。小林理事長は「突然のお話だったが、お姉さんとの縁もあり、本当にありがたい」とお礼を述べた。

 私募債は、一定の財務水準を満たした優良企業が、直接金融による資金調達を目的に発行する社債。Withは2018年5月からの取り組みで、発行の際、同行が企業から受け取る発行手数料を優遇し、その優遇分を原資に希望する団体などに金銭や物品を寄付する。オークラ製作の発行額は3000万円。資金使途は運転資金に充てるという。

その他の記事/過去の記事
page-top