【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

アンテナ−「本物の焼酎造り」信条に

本紙掲載日:2021-02-18
4面

佐藤焼酎製造場(延岡市)古賀隆雄さん


 創業明治38年。村議を務めた初代佐藤松太郎氏が「鹿印」という名の焼酎を祝子川のたもとで造り始めたのが起源という歴史ある佐藤焼酎製造場(延岡市祝子町)の専務として活躍。自然と蔵人の手仕事による絶え間ない試行錯誤の連続の中、「本物の焼酎造り」の意思を引き継ぎ、発展させている。

 大学卒業後に東京都内の銀行員を経験した後、縁あって同社に入社。以降は、お酒の深い魅力に取りつかれる日々を送ってきた。第五代蔵元でもあり、原料となる芋、麦、米から祝子の深層水に至るまで、仕込みから製造と妥協はない。

 「しっかりと良い製品が出来上がるか、毎年気がかりでもあり楽しみ。次の時代に引き継ぐためにも、伝統の技術に新しい技術も取り入れ、良い製品を出していきたい」と熱く語る。

 県外の取引先を訪れた際には「自分たちの造った焼酎がお店にあると本当に嬉しいですね」と笑顔を見せる。樫樽(だる)で造るウイスキー風の焼酎が輸出案件であり、地元から世界各国で愛される焼酎造りに励む。延岡市出身、39歳。

その他の記事/過去の記事
page-top