【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新しい働き方を推進−日向市

本紙掲載日:2021-02-02
1面

日本ワーケーション協会加盟

◆官民一体、取り組みを研究

 日向市は、旅先で余暇を楽しみながらリモートワークする「ワーケーション」を推進する全国組織「日本ワーケーション協会」(本部京都市)に加盟した。南九州の自治体としては初めて。

 担当課の市商工港湾課は「すでに加盟している先進自治体との情報交換はもちろん、企業ニーズの把握や企業によるワーケーション導入の普及・促進に向けた加盟団体との連携など、官民一体となった取り組みについても調査、研究を行っていきたい」と話している。

 ワーケーションは「ワーク(労働)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた造語で、コロナ禍の新たな働き方として自治体や企業などから注目されている。

 日本ワーケーション協会は、日本でのワーケーションを5年後、10年後の新しい働き方の付加価値として普及、ビジネス化し、地域経済の活性化へつなげることを目的に昨年7月に設立。主催セミナー・交流会の開催やワーケーション認証制度の創設、情報配信サイトを活用した全国へのPRを通じ、ワーケーションの新しい活用法を目指したさまざまな取り組みを行っている。現在は16自治体を含む51社・団体・個人が加盟(2月1日現在)。

 日向市は、総合人材サービスのパーソルグループで、コールセンターの外部委託などを手掛ける「パーソルワークスデザイン」(本社東京)と委託契約を結び、昨年11月に平岩地区の商業施設でワーケーションの実証実験やモニタリング調査などを実施。現在は事業効果の検証などを行っている。

 同12月にはワーケーションを推進する全国の自治体組織「ワーケーション自治体協議会」(会長・仁坂吉伸和歌山県知事、加盟166自治体=2月1日現在)に県内の自治体として初めて加盟。全国の先進自治体との連携を模索している。

 また、移住やコミュニティー形成を目標に、空き家利用によるワーケーションを推進している「ワーケーション協会」(本部東京都)への加盟も検討しているという。

その他の記事/過去の記事
page-top