【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

文化財搬出、初期消火

本紙掲載日:2021-01-27
1面
文化財に模した箱を避難させる神社職員

高千穂神社で防災訓練

 1月26日の文化財防火デーに合わせて、高千穂町の高千穂神社(後藤俊彦宮司)は26日、防災訓練を行った。神職ら11人が火災が発生した場合の文化財搬出や初期消火の手順などを確認した。

 訓練は、同神社境内西側の山林で火災が発生したとの想定で実施。119番通報し、消火器やバケツによる初期消火や参拝者の避難誘導などの手順を確認した。

 同神社には、国指定の重要文化財「鉄造の狛犬(こまいぬ)一対」、同「男神坐像(ざそう)・女神坐像」などがあり、神職らが文化財に見立てた箱を持ち出した。

 持ち出す際の注意事項や搬出経路など災害時の行動を一つ一つ点検しながら訓練した。後藤宮司は「みんなに文化財を守る意識を植え付けられ、災害時にやらないといけないことが分かった」と話した。

 文化財防火デーは1949年1月26日に、奈良県斑鳩町にある法隆寺の金堂が炎上して壁画が焼損したことを受けて、文化財保護委員会(現・文化庁)と国家消防本部(現・消防庁)が55年に定めた。

 同神社は毎年、西臼杵広域消防本部・署と同町消防団と合同で防災訓練を実施。今年は、県独自の緊急事態宣言を受けて中止になり、同神社単独での訓練となった。

その他の記事/過去の記事
page-top