【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

100年の歴史、芝村商店

本紙掲載日:2021-01-26
1面
約100年の歴史に幕を下ろす芝村商店(延岡市北浦町宮野浦)
レジに立つマサ枝さん

宮野浦のシンボル閉店へ−延岡市北浦町

 大正期から地域の生活を支えてきた延岡市北浦町宮野浦の「芝村商店」が30日、約100年の歴史に幕を下ろす。地元のシンボルの閉店を知った住民からは感謝と惜別の声が寄せられている。

 同店は大正時代末期、旅館を営んでいたという芝村庄八さん・ナツさん夫妻が開業。2代目の三郎さん・キクエさん夫妻から忠保さん・マサ枝さん(73)夫妻へと引き継がれ、2013年に忠保さんが亡くなった後はマサ枝さんが1人で店を守り続けてきた。

 米や酒、塩などの量り売りからスタートし、時代の移り変わりとともに日用雑貨や菓子類の販売も行うように。憩いの場としても住民に愛された商店だったが、年中無休の営業と自身の年齢を考慮して「引き際を得た」(マサ枝さん)という。

 25日から実施の閉店セールでは、店内多くの商品を1〜2割引きで販売中。マサ枝さんは「100年のご愛顧に感謝を」とにっこり。閉店後については「この店に来て53年。遠出する機会がなかったので、(コロナ禍が)落ち着いたら子どもたちがいる関東の方に旅行してみたい」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top