【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

10万円を追加支給

本紙掲載日:2021-01-26
1面
記者会見で市独自の緊急対策を説明する読谷山市長(25日)

地元業者に独自支援策−延岡市

◆国と市、給付金の受給者に

 新型コロナウイルス感染症に関する第9次緊急対策として、延岡市は25日、感染症の拡大や営業自粛に伴う事業収入の減少など、特に大きな影響を受ける事業者に支給する国の持続化給付金や市独自の緊急支援給付金を受給する市内事業者に対し、10万円を支給すると発表した。

 県独自の緊急事態宣言の発令に伴う県民に対する外出自粛の要請やイベントの中止・延期、飲食店に対する営業時間の短縮要請をはじめ、市議会からの要望などを受け、幅広い地元事業者に大きな影響が出ていると判断。市独自の支援策として、緊急支援給付金の追加支給を決めた。

 国の持続化給付金は、2020年中の事業収入で対前年比50%以上減少している月がある個人事業所に100万円、法人に200万円を給付する経済対策。

 市の緊急支援給付金は、持続化給付金に該当しない同25%以上50%未満減少した月がある市内事業者に上限30万円を給付する支援策。

 追加支給は、いずれかの受給者が対象になる。

 国の持続化給付金受給者の支給手続きについては、所定の申請書に、持続化給付金の給付通知書の写しを添付し、3月10日までに郵送で申請する。給付通知書を紛失した場合は、同給付金が振り込まれた通帳の該当部分の写しでもよい。

 市の緊急支援給付金(申請2月末まで)の受給者の支給手続きに関しては、すでに1月末までに支給決定通知を受けている事業者の場合、2月1日以降に準備ができ次第市から追加支給決定通知書を発送し、同給付金の支給済み口座に直接振り込みを行う。

 また、2月末までに支給申請を行う事業所については、随時審査を行いながら、市から支給決定通知書と追加支給決定通知書を発送し、指定口座に振り込む。この場合、緊急支援給付金の上限30万円と追加分の10万円が支給される。

 市商業・駅まち振興課によると、追加支給の対象は4100事業所(約4億1000万円)を見込んでおり、必要な予算は市独自の緊急支援給付金の追加分として確保していた同給付金事業の予算から充てるという。申請手続き開始日などは決まり次第発表する。

 記者会見した読谷山洋司市長は「すべての市内事業者が深刻な影響を受け、少しでも早い支援が必要との認識の下、市議会からの要望なども踏まえ、現時点で市として可能な限りの支援策を講じたので、活用してほしい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top