【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

コロナ支援対策−酒類関連業者にも

本紙掲載日:2021-01-25
2面
読谷山市長に要望書を渡した延岡小売酒販組合の役員ら(提供写真)

延岡小売酒販組合、市と市議会に要望書

 延岡小売酒販組合(西村豪武理事長)は22日、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている酒類小売業者と酒類卸店、地元酒造メーカーに対する支援を求め、延岡市の読谷山洋司市長と同市議会の松田和己議長に要望書を提出した。

 要望書によると、県独自の緊急事態宣言の発令に伴い、時短営業した飲食店に酒類を納入している業務用酒販店などは大きな影響を受けているとして、同様の酒販店に対する国と同じ支援の実施と、飲食店との間接取引業者である地元酒販卸店、地元酒造メーカーへの支援を求めている。

 同組合の西村理事長と藤原荘一郎副理事長が同日、読谷山市長と松田議長をそれぞれ訪問。緊急事態宣言に伴う飲食店への営業時間短縮要請をはじめ、ホテルなどでの宴会やイベントの相次ぐ中止などで酒類関係業者の売り上げが激減し、経営が困窮している厳しい現実などを訴えた。

 西村理事長は「地元の酒販店、酒販卸店、酒造メーカーへの支援を要望する中で、市長も議長も前向きに捉えて県にも強く働き掛けをするとの返事だった。早く飲食業界を含めて平常に戻り、コロナが収束することを望んでいる」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top