【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

山火事に注意−25日から予防強化月間

本紙掲載日:2021-01-25
1面
林野火災防止を呼び掛けるため、延岡総合庁舎を出発する延岡市などの広報車(25日午前)

県内一斉、パレードで注意喚起

 山火事予防強化週間が25日から、県内一斉に始まった。県北でも各農林振興局単位で広報車による普及啓発パレード、防災無線や懸垂幕による呼び掛けなどを通じて、〃火の用心〃を求めている。

 このうち、延岡市愛宕町の東臼杵農林振興局では毎年、期間初日に林野火災予防パレードの出発式を開いているが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため式を中止。広報車を巡回させて注意喚起することとしている。

 県は3月1〜7日の全国山火事予防運動に先駆け、独自に1月6〜29日を同予防運動月間に設定。例年最も林野火災の発生件数が増える2月を前に強化週間を設けて、林業従事者も含めた意識の引き締めに努めている。

 県自然環境課によると、昨年1年間に県内で発生した林野火災は22件と、過去5年間で最も少なく、発生面積も10ヘクタールで2016年に並び2番目に小さかった。一方、17年は44件で計30ヘクタールの被害が出ており、空気が乾燥して風が強くなりやすいこの時期は、小さな火の不始末が大火事を招くこととなる。

 この冬は延岡市内をはじめ、林野火災、人家火災とも多発傾向にあるが、新型コロナの影響で消防団の巡回夜警を断念する地域もあり、啓発が行き届かないのではないかとの懸念も持たれている。

 このため、関係団体は強化週間を通して、全国統一標語「あなたです森を火事から守るのは」を掲げながら日中のパトロールを強化するとともに、家庭や地域にも警戒を求めている。


◆広報車が出発−東臼杵農林振興局や森林管理署など

 東臼杵地区では25日、広報パレードがあり、県東臼杵農林振興局や北部森林管理署、同局管内の市町村、消防などが参加し、山火事防止を呼び掛けた。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年行っている出発式は中止されたが、延岡総合庁舎や日向市役所、門川町役場などから計10班に分かれて広報車などが出発。地域住民や入山者らに山火事防止を呼び掛けた。

 「1月から3月にかけて乾燥する時期であり、野焼きなどで火を扱うことも多くなるので、林野火災の防止を重点的に呼び掛けたい」と同局。山火事予防強化週間は29日まで。

その他の記事/過去の記事
page-top