【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

高校統廃合、まずは学級数で

本紙掲載日:2021-01-22
3面

24年度までは実施せず−県教委

 県教委は21日、県議会文教警察企業常任委員会で、県立高校教育整備基本方針の素案を明らかにした。高校教育課は、統廃合について、「統廃合ありきではなく、学級数で対応したい」として、少なくとも2024年度の見直しまで実施しない方針を示した。

 統廃合について、12年策定の県立高校教育整備計画では「全日制の1学年の適正規模は4学級から8学級を基本とする」「4学級以下の高校については、大幅に定員を満たさない状況が続くなど、さらに1学級の削減をせざるを得ないことが予測されれば、統廃合を検討する」としていた。

 新たな方針では、適正規模などは示さず、地域の生徒数の著しい減少などにより、魅力と活力ある教育展開が困難な場合には、生徒、保護者、地域のニーズに適切に対応しながら、統廃合等を含めて検討すると表現した。

 小規模校は、コミュニティ・スクール(学校運営協議会制度)などを活用し、地域全体で子どもたちの成長を支えていく環境を充実させるとした。県内で今年4月時点でのコミュニティ・スクールは、門川、高千穂など6高校が導入している。

 方針の期間は、21年度から28年度までの8年間。制定から4年後の24年度末をめどに見直しを行う。

 県教委によると、県内の中学校卒業者は1989年の2万92人をピークに、2020年は1万106人。30年は9265人で、45年には8010人に減少すると推計される。

 基本方針では、社会のデジタル化に対応し、オンライン教育と対面指導とのハイブリットによる新しい学びなど、社会の変革に対応する学校像が求められるとする。魅力ある学校にするため、学校や地域社会の歴史や実情、将来を踏まえて、県教委が「スクール・ミッション」の再定義を行うとした。

 基本方針の素案については、今月22日から2月22日までパブリック・コメントを募集する。

その他の記事/過去の記事
page-top