【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

土木科2年35人が合格− 延岡工高

本紙掲載日:2021-01-21
7面
2級土木施工管理技術検定の学科試験に合格した延岡工高土木科2年生35人と指導した教諭ら=撮影時のみマスクを外しました=

2級土木施工管理の学科試験

 県立延岡工業高校の土木科2年生35人が、河川、道路、橋梁(きょうりょう)などの工事に必要な国家資格「2級土木施工管理技士」を得るための検定で学科試験に合格した。昨年を大きく上回る合格率を達成し、森山直哉さんは「(新型コロナウイルスの影響で)勉強時間が短くなってしまったけど、みんなで問題を出し合うなど互いに刺激し合えた結果」と喜んだ。

 同資格は、土木工事現場での工程や安全管理といった技術上の管理などを行う技術者に必須で、「主任技術者」を名乗ることができる。生徒たちが合格したのは検定のうちの学科試験。卒業後3年以上の実務経験を経て受験できる実地試験に合格すると晴れて「2級土木施工管理技士」を取得できる。

 試験に向けては、同科の甲斐貴満教諭が担当リーダーとなって2年生40人を指導。当初は夏休みから取り組む予定だったが、コロナ禍で開始が夏休み明けにずれこんでしまった。

 甲斐教諭は生徒たちのやる気を引き出そうと、毎回行う模擬テストの結果を公表すると、生徒たちも刺激を受けた。中原摩和さんは「みんなで過去問を解くのを競い合うようになった」と、生徒たちが結束。ぐんぐんと成績を伸ばしていった。

 試験は昨年10月25日。全員が勉強の成果を発揮した結果、40人中35人合格と、昨年の合格率(37人中25人)を上回った。一緒に受験した3年生5人も全員合格した。

 小川丈司さんは「土木科の団結力を生かしてたくさん合格することができた。資格を生かした仕事に就きたい」、萱野博文さんは「これからもコロナ禍の中での授業になっていくが、社会に貢献できる人になれるように学校生活を送りたい」と意気込んだ。

その他の記事/過去の記事
page-top