【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

運転代行と関連業界へ支援を

本紙掲載日:2021-01-20
1面
読谷山市長に要望書を提出する延岡地区自動車運転代行業適正化推進協議会の桐原会長

12社、延岡市と議長に要望書

 延岡市の運転代行業者12社でつくる延岡地区自動車運転代行業適正化推進協議会(桐原邦良会長)は19日、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている代行業を含む関係業界への支援などを求め、読谷山洋司市長と市議会の松田和己議長に要望書を提出した。

 要望書によると、感染拡大に伴う消費減少や感染防止対策などで、飲食店とともに代行業など関係業界も売り上げの激減で廃業危機にあるとし、県の緊急事態宣言に伴う飲食店等と同様の支援と、国・県など関係機関に財政支援を含めた必要措置を講じるよう働き掛けを求めている。

 同協議会の桐原会長と渡邊勝利副会長が同日、読谷山市長と松田議長をそれぞれ訪問。県独自の緊急事態宣言に伴う外出自粛や飲食店への営業時間短縮の要請などにより、人通りがなくなった夜のまちで厳しい営業を強いられ、廃業・倒産の危機が迫っている窮状などを訴えた。

 読谷山市長は、国の持続化給付金や市独自の緊急支援給付金、同感染症の影響による休業や収入減などで就労を希望する市民を非常勤職員に採用する兼業可能な緊急雇用創出事業など既存の対策を説明。「すでに設けた制度の活用を促すとともに、国県への支援の働き掛けにも努めたい」などと話した。

 松田議長は、本県を含む知事らが、国の緊急事態宣言の対象地域外でも飲食店の取引先などに一時金を支給するよう国に要望している点などに触れ、「知事らの要望に対する国の動向などを見ながら対応したいと考えている」などと述べた。

 桐原会長は「国の持続化給付金や雇用調整助成金など各種制度の活用と経営努力で何とか乗り切ってきたが、第三波は事業者の疲弊も限界に達し、窮状を知ってもらうため要望した。県内の同業、他業界も厳しい状況なので、これをきっかけに声が広がり支援につながれば」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top