【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新型コロナ−16日28人、17日38人

本紙掲載日:2021-01-18
3面

2日間計宮崎市49人延岡市3人

 県内では16日に28人(県1473〜1500例目)、17日に38人(県1501〜1538例目)が新たに新型コロナウイルスに感染した。県と宮崎市がそれぞれ発表した。県北在住は16日、延岡市の20代女性と10代男性の感染が発表された。いずれも過去の感染者との接触歴があった。17日は80代女性の感染が判明したと発表された。県内の累計感染者は1538人になった。


◆延岡市2人は接触歴あり

 延岡市は16日発表が2人で1495例目の20代女性と1496例目の10代男性。

 1495例目の20代女性は、1472例目の20代女性(15日発表)と、1496例目の10代男性は1369例目の30代男性(12日発表)とそれぞれ接触歴があった。

 17日発表が80代の女性で医療機関を受診して陽性と分かった。


◆16日、宮崎市18人

 県北以外の16日発表分は宮崎市が18人(県1473〜1490例目)、都城市5人、日南市3人。28人のうち12人は感染者の調査からの行政検査ではなく、医療機関を受診し陽性が判明した。

 宮崎市では、家族、親戚、友人、知人、同僚など感染者との接触歴がある人が9人。うち1人は福岡県への訪問歴があった。2人は東京都、大分県からの来訪者との接触歴があった。7人は行動歴などを調べている。


◆17日、宮崎市31人

 県北以外の17日発表分は宮崎市が31人(県1501〜1531例目)、都城市4人、新富町、川南町が1人ずつ。

 宮崎市発表分では10、20代が14人と依然、若い世代の感染が目立つ。うち4人は家族に感染者がいるが、6人は感染者の友人、知人との接触歴があり、5人は感染経路を調べている。

 全体では勤務先同僚や家族、親族、知人などとの接触歴があるのが19人で、2人は鹿児島県、福岡県への訪問歴があった。10人は調査中。延岡市の80代女性など15人は医療機関の検査で陽性が判明した。


◆高齢者福祉施設で新たに入居者1人感染

 宮崎市は17日、クラスターが発生した同市佐土原町の高齢者福祉施設のケアホーム・デイサービスほほえみで、新たに入居者の80代男性の感染が判明したと発表した。

 同市によると、男性は一度、検査で陰性だったが、症状などにより再検査し、陽性が分かった。同施設では職員21人中2人、入居者15人中5人、利用者5人中1人が陽性となった。


◆自宅療養者にパルスオキシメーター

 県は15日から、自宅での療養者で必要な人に順次、パルスオキシメーターの配布を始めた。同メーターは動脈血酸素飽和度と脈拍数を採血することなく、指先などで測定する装置。肺炎の早期発見に有効という。


◆県全体の入院調整も綱渡りの状態に

 渡辺善敬県福祉保健部長は「宮崎東諸県圏域の病床使用率は50・5%。県全体の入院調整も他圏域の病院に受け入れてもらうなど、綱渡りの状況になっている。特に宮崎市内では、発症後、1週間以上がたち、受診した例が増えている。その間、感染を広げる可能性があるので、少しの違和感でも速やかに受診を」と呼び掛けた。


◆入院89人、うち重症者は6人−16日時点

 16日時点の入院は89人で、重症者はそのうち6人。宮崎東諸県圏域で入院しているのは52人。

 県北では延岡西臼杵圏域の医療機関に5人が入院中。217人が自宅療養中で、69人が宿泊・施設等で療養している。


◆18日も20人以上

 県は18日午前、県内の新型コロナウイルス新規感染者が速報値で20人以上になると発表した。確定値は18日午後4時に発表するとしている。

その他の記事/過去の記事
page-top