【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

火元付近の検証を開始

本紙掲載日:2021-01-18
1面
旭化成マイクロシステム延岡事業所の建屋に入る関係者ら(18日午前、延岡市中川原町)

旭化成マイクロシステム火災現場−県警・消防

 延岡市中川原町の旭化成の関連会社「旭化成マイクロシステム」延岡事業所で昨年10月に発生した火災について、警察と消防は18日、火元とみられている4階付近での現場検証、見分を開始した。

 黄色い防護服に身を包み、防護マスクを着けた関係者ら約10人が午前9時45分ごろ、建屋内へ。途中、数人が出入りするなど慌ただしい様子も見られた。

 火災は昨年10月20日、4階のクリーンルーム付近で出火したとみられている。発生から4日近くたった同24日に鎮火したが、酸性の水がたまるなど4階付近に立ち入ることができず、環境整備が進められていた。今後、全容解明に向けて出火原因などの調べが進められる。


◆環境基準満たした数値で推移−異臭原因の塩化水素など・旭化成延岡

 旭化成延岡支社は18日午前、旭化成マイクロシステム延岡事業所火災後の環境調査などについて発表した。

 火災時に発生した異臭の原因とみられている塩化水素については、同社が測定・経過観察を続け、許容濃度を満たした数値で推移。結果は延岡市や延岡保健所に報告を行っているという。

 工場内のクリーンルーム内ではダイオキシン類が確認されており、同支社は「電気ケーブルの被覆材である塩化ビニールなどが燃焼したことにより発生したものと推定しています」と説明。現在、敷地境界付近の大気や土壌の濃度は環境基準を満たしているという。

 同支社は周辺地域への影響について今後も経過を観察することにしており、「引き続き火災原因の究明、再発防止に取り組んでいきます」としている。

その他の記事/過去の記事
page-top