【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

Withみやざき−宮崎銀行が商社設立

本紙掲載日:2021-01-13
1面
「Withみやざき」の久木田貴子社長と宮崎銀行の山田知樹営業部長(左)、小森園隆治地方創生部長ら幹部

販路開拓や品質向上を支援

 宮崎銀行(杉田浩二頭取)は8日、地域商社「With(ウィズ)みやざき」の設立を発表した。銀行単体による地域商社の立ち上げは全国的にも珍しく、九州初となる。設立は4日付。

 同行が100%出資し、資本金は5000万円。本社は宮崎市橘通東の同行本社地域創生部内に設置。宮崎銀行が仲介役となり、県や市町村、専門機関、多様な業界と連携しながら、地域の小規模事業所・中小企業の販路開拓や商品の磨き上げを支援して報酬を得る。

 その手始めとして、同行が運営する農業法人「夢逢いファーム」の高級アボカドの販路開拓をスタート。関西の三つ星料亭との交渉が進められており、さらなるマーケットの開拓を目指す。

 今後はECサイト(インターネット通信販売)も開設。県内外への発信で消費者獲得にも力を入れ、将来的には数億円規模の収益を見込む。

 宮崎銀行グループ初の女性トップとなる久木田貴子社長(地方創生部出向)は記者会見で、「まずは豊富な食材を誇る宮崎の特産品をアピールしていければ。地域の経済発展に貢献できるよう全国に発信していきたい」と力を込めた。

その他の記事/過去の記事
page-top