【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

医療サイド「第2波以上の危機感」

本紙掲載日:2020-12-01
1面
医療関係者が切実な声を届けた新型コロナ対策協議会

県に具体的な対応策求める−県新型コロナ協議会

 宮崎市を中心に県内で新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、県は30日、新型コロナウイルス感染症対策協議会を開いた。医療、行政関係者ら委員11人が参加。経済活動との両立を求められる中で医療サイドは「現場では第2波以上の危機感がある」と厳しい声を挙げた。

 県内では11月27日時点で、直近の人口10万人当たりの感染者数が全体で7・3人。特に感染が集中する宮崎市を含む宮崎東諸県圏域では17・7人になった。国分科会が示す指標に当てはめると、現状は下から2番目のステージ2に当たる。

 渡辺善敬県福祉保健部長はあいさつで、「感染状況は厳しさを増しているが、経済活動への一定の配慮も必要。知恵を絞り、感染防止対策と経済活動の両立を」と述べた。

 委員の県立宮崎病院・眞柴晃一副院長は「第3波は、重症患者が多い印象。医療資源が豊富ではない本県で、救急や周産期などそのほかの医療にも影響を来している」。

 宮崎大学医学部付属病院の鮫島浩病院長は「現時点で重症者の受け入れはぎりぎりで、これ以上増えると、救えないという状況まで来ている。個人の努力による防止対策を大部分の県民は取っており、組織的な制限を取る時期」とした。

 医療サイドは今後の県の対応策について会食の人数制限など具体的なメッセージを示すよう求めた。

 眞柴副院長は県内7圏域ごとの感染状況と、対策を示す3区分について、外出自粛などを要請する赤(感染状況が厳しい)圏域と、黄(新規感染者が一定に収まっている)圏域の間に新たな区分を設けては、と提案した。

 県は近日中に、協議会の意見を踏まえて、対応案を策定。再度、委員や経済団体などの意見を聞いて、具体的な対応策を示すという。

その他の記事/過去の記事
page-top