【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

介護施設で11人が感染

本紙掲載日:2020-11-28
3面
高齢者施設での集団感染を発表する宮崎市の担当者

26日発表の男性職員からか−宮崎市

 宮崎市は27日、同市小松の介護老人保健施設「ひむか苑」で入所者11人(462、463、465〜473例)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。26日発表の30代男性が介護を担当しており、職員から感染が広がったとみている。一方で、ほかの職員の陰性が確認されたことなどから同日時点では、クラスター(感染者集団)ではなく、集団感染とした。

 同市によると、30代男性(454例目)は同施設の介護職員。17日まで出勤し、18日に37度台の発熱などがあり、医療機関を受診。以降は休んで自宅で過ごし、25日に再度、受診した医療機関での検査で陽性が確認された。感染経路は分かっていない。

 施設には訪問・通所リハビリテーションと、入所があり、入所者は114人で、訪問・通所の登録者は87人。職員は延べ100人という。

 男性職員は認知症専門棟の介護担当。食事や着替え、入浴などの介助を行っていた。

 感染が確認されたのは、いずれも同専門棟の入所者。60〜90代の男性4人と、女性7人。90代男性と80代男性の2人は発熱とけん怠感の症状があるが、ほかの9人は無症状という。

 施設の認知症専門棟は25人が入所。一般の入所施設とは別棟にあり、介護職員11人は専属で、看護職員7人が担当している。ほかの入所者、職員は全員陰性が確認された。

 市は、接触の可能性があるほかの入所者や職員など合計90人ほどの検査を行っているという。

 同施設は、兼任を含め医師2人、感染管理認定看護師らが所属。認知症専門棟内のゾーニングを実施しながら、感染した入所者の入院・療養を市、県と協議の上、調整していく。

 同市は「高齢者での集団感染を重く受け止めている。感染が入り込む余地がどこにあったのか、保健所とともに分析。他の施設にも周知徹底し、再発防止に努めていきたい」とした。

その他の記事/過去の記事
page-top