【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

貧困なくす取り組み考えて

本紙掲載日:2020-11-25
8面
延岡市青少年指導員・青少協役員合同研修会

青少年指導員連絡協議会

◆堀之内さん(子どもネットワークのべおか)招き研修会

 延岡市青少年指導員連絡協議会(千坂貞雄会長)の青少年指導員・青少協役員合同研修会は10日、同市社会教育センターであり、子どもネットワークのべおか代表理事の堀之内健吾さんが「子ども食堂から見える今の子どもたち」と題して講話した。

 子どもネットワークのべおかは、子どもの貧困対策に取り組む市民団体として2016年に設立した。

 堀之内さんは講話で、日本の相対的貧困率が15・8%で世界196カ国中15位と高く、特に一人親世帯の子どもの貧困率は2人に1人となっていることを紹介。これまで支援に携わってきた事例を交え、「貧困世帯は携帯電話の所持率が高かったりと一般世帯と持ち物に違いがなく、実態が見えにくい。子どもだけでなく家族全体を支援しないと解決しない」と説明した。

 その中で、子ども食堂は子ども専用の食堂ではなく、「みんなで一緒に食べようよ」という多世代交流拠点としての役割があると指摘。サービスの効率性よりも「集まりやすさ」を優先することで、貧困対策だけでなく、地域活性化や子育て支援、高齢者の健康づくりなどの効果があるという。

 堀之内さんは、SDGs(持続可能な開発目標)の一番目に貧困が置かれていることに触れ、「皆さんは身近に子どもたちを見ている方々。貧困をなくす取り組みはどんなことがあるのか考えてほしい」と呼び掛けた。

その他の記事/過去の記事
page-top