【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

演奏家が出向きます

本紙掲載日:2020-11-24
7面

コンサートの開催団体を募集−県立芸術劇場

◆1月22日締め切り

 県立芸術劇場は、来年度アウトリーチ事業「ミュージック・シェアリング」の開催団体を募っている。県内出身・在住の演奏家が、県内各地に出向いて生の演奏を届ける事業。幼稚園・保育所、学校、施設、地域のコミュニティ団体などに応募を呼び掛けている。開催時期は2021年5月〜22年2月。営利目的での開催は対象外。

 訪問コンサートを通じて、地域の人々や子どもたちに音楽の楽しさや素晴らしさを伝え、地域のクラシック音楽ファンと劇場のファンの増加を目指すことと、県内在住の演奏家と地域住民との出会いの場をつくることなどが目的。

 オーディションで合格したピアノ、フルート、ソプラノ歌手ら同劇場の登録アーティストが出演。「親しみやすい場所」「少人数」「集中しやすい時間」の三つの「S」を念頭に置いた無料コンサートを行う。親しみやすい場所とは体育館や音楽室など。少人数とは50人以内。集中しやすい時間とは30〜45分。プログラムの内容は相談に応じる。

 出演者にかかる経費(出演料、交通費)、ピアノの調律料、音楽著作物使用料は同劇場が負担する。会場使用料、当日プログラムの作成、会場設営などは開催団体の負担となる。

 応募するには、所定の申込用紙に必要事項を書いて、来年1月22日(必着)までに、同劇場に郵送またはファクスする。必要事項は団体名、住所、連絡先、希望日程、想定している会場と人数、ピアノは備え付けられているか、応募動機、プログラムに対する要望など。

 申込用紙は、同劇場(メディキット県民文化センター)のホームページからダウンロードできる。問い合わせ先は同劇場(電話0985・28・3208)。


その他の記事/過去の記事
page-top