【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

伝統的建造物で茶道体験

本紙掲載日:2020-11-24
7面
茶道に親しみ日本の伝統を学ぶ児童

和心会が指導−美々津小4年生

 日向市立美々津小学校(春木近志校長)の4年生児童12人は19日、学校近くの「美々津軒」で、茶道裏千家正教授の濱本慶子(宗慶)さんら和心会の会員3人から指導を受けて、茶道を体験した。

 和心会は茶道の指導者で結成。同市地域教育力活性化推進事業の補助を受け、2016年度から茶会に参加する機会の少ない郊外の小学校に出向き、茶道教室を開いている。茶道の歴史を知り、礼儀作法を体験することを通して、茶道などの日本の伝統文化を学んでもらうことが狙い。

 美々津軒は、明治初期の商家「旧矢野家」を修理復元した、公開用の伝統的建造物。庭に面した10畳の和室を使い、秋の風情を感じさせる掛け軸や生け花、茶つぼをあしらって会場とした。

 児童は真剣な顔で茶せんを動かしてお茶をたて、コスモスを表現した季節のお菓子を食べ、作法に沿って静かに一服した。

 濱本さんは茶道の根本精神「和敬清寂」の意味などを説明、「お茶は体に良い。苦みが体の中の悪いものをやっつけてくれる」などと話した。

 体験した藤本唯衣奈さんは、「いろんなことを学べた。保育園や子ども教室でたてたことはあったけど、とても楽しかったし、うれしかった。苦いけどおいしかった。家でもたてたい」と感想を話した。

その他の記事/過去の記事
page-top