【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

来年の干支は「うし」

本紙掲載日:2020-11-24
2面
干支の置物をPRするのぞみ園(上)、ひかり工房の利用者

手作りの置物販売中です

 延岡市の障害福祉サービス事業所「のぞみ園」(大武町、長野毅彦施設長)と障害者支援事業所「ひかり工房」(古川町、矢野光孝代表)が、来年の干支(えと)「丑(うし)」をモチーフにした置物を販売している。


◆石こう粘土で表現、門松も添えて−のぞみ園

 のぞみ園では、利用者10人が製作した。金びょうぶの前で鈴を着けた牛と門松が並ぶかわいらしい作りで、縦9センチ、横11センチ、奥行き6センチ。玄関などに置ける小さいサイズになっている。

 5月から作業に取り掛かり、牛は石こう粘土で型取り、びょうぶは段ボールや和紙などで仕上げるなど工程を分担し、一つずつ丁寧に仕上げた。

 作業指導員の阿部雅美さんは「一人一人が細かい作業で時間をかけて作ったので、ぜひ家庭に迎え入れてほしい」と呼び掛けている。すべて手作りのため、色や柄などは異なるという。

 価格は650円(税込み)。問い合わせは同園(電話延岡35・7715)。


◆かわいらしく親子をデザイン−ひかり工房

 ひかり工房では、利用者8人が9月上旬から作業を始め、100個を目標に現在も製作中。やすり掛けや色塗りなど、利用者が得意とする工程に分かれて仕上げている。

 板で作った牛の親子が金びょうぶを背に向かい合うかわいらしい置物で、高さ約15センチ、横約20センチ、奥行き約11センチ。

 牛は職員がレーザーで板に図柄をプリントした後、利用者が糸のこぎりで切り抜いて色付け。びょうぶは、牛乳パックに金の折り紙を貼り付け、新年にふさわしいきらびやかな雰囲気を醸している。

 岩谷理恵支援員は「利用者が作った干支の置物を玄関などに飾って新年を迎えてほしい」と話している。

 価格は1000円(税込み)。問い合わせは同工房(電話延岡34・1389)。

その他の記事/過去の記事
page-top