【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ジンケンジャーがやって来た

本紙掲載日:2020-11-23
8面
ポーズを取りながら人権の大切さを訴えるジンケンジャー
子どももデーサービスの利用者も一緒になって楽しんだ

触れ合い通して人権学ぶ−すみれ保育園

 延岡市無鹿町のすみれ保育園(霤長代園長)に19日、県の人権啓発キャラクター「ジンケンジャー」が訪れ、0〜5歳児や隣接するデイサービスセンターの利用者ら約70人と交流、アトラクションによる触れ合いを通して人権の大切さを訴えた。

 人権について考えるきっかけを提供しようと、県内の保育所や幼稚園などを対象にした派遣事業の一環。

 園児は、法務相から委嘱を受けた人権擁護委員による紙芝居「ぐらぐらもりのおばけ」を鑑賞した後、ジンケンジャーと対面。グリーンはスポーツが得意な女の子、ブルーは読書が大好きな男の子、ピンクは料理好きな男の子と、3人はクイズや演技を交えながら自己紹介し、「好きなことを一生懸命することはすてきだよね」「女の子がかっこよくてもいいよね」「好きな色のお洋服を着てもいいよね」と呼び掛けた。

 また、「友達が一緒に遊びたがっている時」「泣いている時」の対応についても、ジンケンジャーが面白おかしく、そしてかっこよくお手本を見せ、子どもたちは楽しそうに学んでいた。

 県人権同和対策課によると、派遣事業は例年、8月の人権啓発強調月間、12月4〜10日の人権週間に合わせて約10カ所で行っている。今年は新型コロナウイルスの影響で延期となり、今月から来年1月にかけて県内11カ所に派遣、派遣予定となっている。

その他の記事/過去の記事
page-top