【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「ポケふた」お披露目

本紙掲載日:2020-11-21
1面

◆ひむかの杜で序幕式−日向市

 アニメやゲームで人気のポケットモンスターに登場するキャラクターをデザインしたマンホールふた「ポケふた」が19日、日向市上町のJR日向市駅前交流広場「ひむかの杜(もり)」に設置され、19日にお披露目を兼ねた除幕式が行われた。

 式には、日向市の黒木升男商工観光部長、ひむかの杜商店街振興組合の西村一理事長、JR日向市駅の多田弥駅長らが出席。除幕をして待望の設置を喜んだ。

 あいさつに立った黒木部長は「ポケふたを情報発信することで、多くの皆さんにご覧いただき、市駅周辺のにぎわいの創出や観光振興につなげたい」と述べた。

 県が10月23日に、プロデュース会社のポケモン(東京都港区)と地域活性化に関する連携・協力協定を九州・沖縄で初めて締結。その記念として日向市の同駅や延岡市の道の駅北浦など県内全9市に「ポケふた」が設置されることになった。各市1箇所ずつで、県によるすでに宮崎市、小林市、延岡市、えびの市で設置済み。今後は県内全町村にも順次設置される見込み。

 県内の「ポケふた」で登場するキャラクターは「宮崎だいすきポケモン」に任命された「ナッシー」と「アローラナッシー」。2体は〃歩く熱帯雨林〃という設定で、フェニックスの木やマンゴー、日向夏、キンカンなどに連想される、気候が温暖な南国宮崎のイメージにぴったりという。

 このうち、日向市に設置された「ポケふた」は、ヤシの木のような見た目の「ナッシー」と、あでやかな舞を踊る「オドリドリ」のうちの「まいまいスタイル」、市花ヒマワリがデザインされた。

 同社によると、11都道県に115枚の「ポケふた」が設置され、「ポケふた巡り」を楽しんでいる愛好家が多いという。「ポケふた」は順次、スマートフォン向け位置情報ゲーム「PokemonGO」のポケストップになる予定。


◆道の駅北浦に設置−延岡市

 延岡市北浦町の道の駅北浦に「ポケふた」がお目見え、海が一望できる売店のテラス席前にあるマンホールに設置された。

 宮崎だいすきポケモンのナッシーとアローラナッシーが笑顔で楽しく遊んでいるようなデザインが、見た人の気持ちを明るくする。県に確認すると、両キャラクターがそろって描かれているのは県内9市の中で延岡市だけという。

 同駅駅長の花井光一さん(47)は「延岡市のポケふたの設置が当駅に決まって光栄。観光や情報発信の起爆剤として、キャラクターを活用したイベントを市と協議するなどして考えながら、北の玄関口として多くの方に立ち寄ってもらえるように努めていきたい」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top