【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

郷土の食「子どもにも」

本紙掲載日:2020-11-19
8面
「シニアサポートたかちほ」のメンバー(左)とこんにゃく作りを体験する参加者

こんにゃく作りなど体験−高千穂

 郷土の食の魅力に触れてもらう伝統料理教室が5日、高千穂町中央公民館であった。3カ月〜2歳の子どもを持つ母親5人が参加、こんにゃくや夜神楽などで振る舞われる「神楽うどん」作りを体験した。

 教室は、食育・地産地消活動を目的に、地元の「シニアサポートたかちほ」(橋本美代子代表、23人)と、みやざきの食と農を考える県民会議西臼杵支部(支部長=上田泰士・県西臼杵支庁農林担当次長)との共催で、年1回実施している。

 参加者は子どもを託児室に預け、食育ティーチャーでもある橋本代表(71)らグループのメンバー10人のアドバイスを受けながら調理。こんにゃく作りでは、ミキサーにかけたこんにゃく芋を根気よく練り、手のひらほどのサイズに延ばした後、ゆでて完成させた。また、神楽うどんの作り方も教わり、味付けなど地域に伝わる伝統の料理の作り方を学んだ。

 調理の後は、託児室に預けていた子どもと一緒に試食。みそを乗せた手作りこんにゃくなど自分たちで作った料理をおいしそうに頬張っていた。生後3カ月の次男と参加した鹿児島県出身の黒木ひかるさん(30)は「おいしかった。作ってみたいし、子どもにも食べさせてあげたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top