【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

緑と花のまちに

本紙掲載日:2020-11-19
3面
日向市長賞に輝いた吉川良子さんと作品

秋のコンテナガーデン展表彰式−日向市全市緑花推進協議会

◆市長賞は吉川さん−市内外から応募49点

 日向市全市緑花推進協議会(黒木絹子会長)の第10回街を彩る秋のコンテナガーデン展2020表彰式が18日、市役所1階屋外デッキスペースで、入賞者や十屋幸平市長、黒木会長ら約30人が出席してあった。最高賞の市長賞には同市財光寺の会社員吉川(きっかわ)良子さん(62)の「秋の旅思う」が選ばれた。

 同展には、地元日向市から28人、延岡市から12人、合わせて40人から49点の応募があり、20日まで市役所芝生広場周辺に展示している。

 表彰式では同推進協の黒木会長が「受賞者の皆さんの、日ごろからのたゆまぬ努力の成果。見に来られた方が笑顔で語り合っている。花がある空間がどれだけすばらしいか実感した。この展示会が多くの人に親しまれ、長きにわたり続けられることを願っている」、十屋市長が「緑や花を町全体に広げていくことは、特にコロナ禍の中にあって大事になってくる。全市緑花推進に、それぞれの立場でご理解を」とあいさつ。

 2度目の市長賞に輝いた吉川さんは、「びっくりしている。コロナ禍でもあり、普通の生活に早く戻れたらいいなと思いながら作品作りに励んだ。友人たちも応援してくれるので、みんなが元気に楽しんでもらえれば」と喜びを語った。

 同推進協は、市全域が緑や花の豊かな美しい憩いの場となる「全市緑花」を目標に、市民との協働による緑や花のあふれるまちづくりを推進している。

 コンテナガーデンは、植木鉢やプランターなどのコンテナ(容器)に草花を植えたもの。同展は、同推進協が推める花作りの楽しさとコンテナガーデンの魅力を伝えるとともに、市民の緑化意識の向上を図るため開催している。

 表彰式後には、カスミソウとキンギョソウの苗の80セットが、市民らに無料で配布された。

 受賞者は次の通り。

日向市長賞=吉川良子(日向市)▽日本ハンギングバスケット協会理事長賞=山部智子(延岡市)▽日向市全市緑花推進協議会会長賞=鈴木修子(日向市)▽同奨励賞=甲斐正子(同)後藤順子(延岡市)▽同特別賞=工藤厚子(日向市)


記念撮影に納まる入賞者ら
その他の記事/過去の記事
page-top