【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

別れの時を心静かに−2日から運用

本紙掲載日:2020-11-14
8面

土々呂メモリードホール

 メモリード宮崎(本社・宮崎市青葉町、吉田明夫社長)が、延岡市土々呂町に建設していた市内3カ所目の総合斎場「土々呂メモリードホール」が今月2日から運用を始めた。同社としては県内で23カ所目の斎場となる。

◆県内23カ所目の新斎場−式場・斎場バリアフリー設計

 斎場は、地元の土々呂町など市南部地域に住む会員からの要望を受けて建設。敷地面積は約630平方メートル。木造平屋建てで、延べ床面積は約500平方メートル。

 館内は、天窓から優しい自然の光が差し込む明るいロビーと、「安心できる空間」「家族の絆を大切にした空間」をコンセプトにしたバリアフリー設計の式場、落ち着いた造りの控室などを完備し、宗教・宗派を問わず対応する。

 式場「天海」は、木目とモダンな色調で統一されている。収容人数は80人。隣接する親族控室「桜」はベッドルーム(洋室)2部屋、3LDKの和室がある。

 もう一つの式場は、花でアレンジができる近代祭壇を備えた「月光」。収容人数は50人で、親族控室「椿」はベッドルーム1部屋、2LDKの和室を完備している。

 それぞれの控室は対角上に配置し、利用者に配慮。キッチン、テーブルで食事できるリビング、洗面所、浴室なども備える。親族間でもプライバシーを保つことができるベッドルームには、2台のベッドが配置されている。

 同社延岡支店葬祭部の戸睛了峪拉杰佑蓮嵜佑反佑箸隆愀言が希薄になりつつある時代だからこそ、ゆったりと家族の愛情、絆、縁を確かめ深めていただきたい。家族に寄り添い、一緒になってそれぞれに合った提案をしていきたい」と話している。

 同支店では、見学や葬儀の相談を随時受け付けている。問い合わせは(電話延岡20・7979)。

その他の記事/過去の記事
page-top