【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

町長賞に黒木さん(小学生)と槻橋さん(中学生)

本紙掲載日:2020-11-09
7面

門川町こども俳句大会−作品集を発刊

 門川俳句会(黒木洋子会長、会員10人)はこのほど、2020年度門川町こども俳句大会に投句された門川、草川、五十鈴小、門川中学校の児童、生徒の全作品を作品集にまとめた。最高賞の町長賞には、小学生の部で黒木愛峨さん(門川2年)、中学生の部で槻橋里南さん(3年)が輝いた。

 同大会は12回目。俳句を通して子どもたちの教育、伝統文化の継承に貢献することが目的。作品集は教材として活用してもらおうと、各学校の学級数を上回る冊数を配布するという。

 作品は各学校に呼び掛け、夏休みなどを利用して作句した小学生544人と中学生302人の計846人から、1526句が寄せられた。参加人数で209人、投句数で251句昨年度を上回った。

 選者は、元県俳句協会理事の馬原島彦さん、同協会理事の黒木鳩典さんが務め、小学生と中学生の2部門で、それぞれ特選3点、秀逸5点、入選10点を選んだ。

 例年、大会を開催し表彰式を行ってきたが、今年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止を余儀なくされ、表彰は各学校で行われる。

 入賞作品は次の通り。

◆特選
【小学生の部】
▽門川町長賞
門川2年黒木愛峨
つばめの子たくさんそだったぼくの家

▽門川町教育長賞
五十鈴4年金丸琳太朗
運動会チーターみたいに走ってる

▽門川町文化協会長賞
同3年松永莉緒
ばあちゃんが食べろ食べろとかきを出す

【中学生の部】
▽門川町長賞
3年槻橋里南
衣更え早くマスクもとりたいな

▽門川町教育長賞
2年米良友希
そっときて授業見ていく赤とんぼ

▽門川町文化協会長賞
1年小林曖斗
サイダーはつかれた時がうまいんだ

◆秀逸
【小学生の部】
門川1年高橋旺佑
なつやすみおまつりごっこばあちゃんと

同2年かわのさくら
おとうさん毎日おもうながれぼし

同5年松本杏音
夏の風大樹の緑ゆらしけり

草川6年平原桃冶
巣のなかでおやどりさがすつばめのこ

五十鈴5年中園景慈
爽やかな風がそよそよ五十鈴小

【中学生の部】
1年井野内佑飛
衣がえ服が小さくなっていた

同青木愉伽
墓参りふと思い出す父の顔

2年黒木慧己
不知火が朧に見ゆる夜の海

3年金澤柊
草の花風にゆられてダンスする

同甲斐美天
なつかしい麦わら帽の祖父の声

◆入選
【小学生の部】
門川2年とみ山れんた
うんどう会かごをめがけておじゃみほい

同3年宮原優心
秋風ですずしくなった帰り道

草川4年井野内綺利
ばんごはんほくほくおいしいくりごはん

同5年松本結衣
オレンジのとんぼの羽はキラキラと

同6年岩田紗和
シュワシュワとラムネが口にとろけてく

五十鈴3年吉永林聖
秋の空夕やけ雲は船のよう

同6年田端紗羽
見つけたよ茶色のかえる日焼けかな

同峰彩里
運動会最後の演舞ソーラン節

同3年森重来夢
赤とんぼ夕日の空をとんでいる

同4年森海心
くもの巣にかかりあばれるアブラゼミ

【中学生の部】
1年谷川洸亮
押入れのおくで見つけた金魚鉢

同金井琉南
声を出す楽器のようにうぐいすが

2年米良隼人
草むしり祖母の喜ぶ顔うれし

同尾形栞
稲光遠くの空を走りゆく

同池田実紅
間服に山も若葉で衣替え

同米良和航
虫かごから響く虫の音体育館

3年楠心葉
自由だね鯉のぼりには自粛なし

同氏原尚絆
自転車でのぼる坂道夕月夜

同槻橋里南
きんぴらの具がごぼうから筍に

同山口朋華
風鈴の音色とともに朝がくる

その他の記事/過去の記事
page-top