【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

米軍隊員は全員陰性

本紙掲載日:2020-10-26
3面

県に証明の文書届く

 航空自衛隊新田原基地(新富町)の日米共同訓練に参加する米軍隊員約200人全員のPCR検査陰性を証明する文書が26日、県に届いた。県などが求めた県内到着後の再検査は、「必要ない」と米軍側から返答があった。県危機管理課が同日、県議会総務政策常任委員会で報告した。

 同課によると、訓練は米軍第18航空団(嘉手納)と航空自衛隊第5航空団(新田原)が参加し、26日から始まった。

 四国沖空域を利用し、戦闘機戦闘訓練などが行われる。米軍のF15戦闘機12機程度、自衛隊のF15戦闘機15機程度が参加。米軍は11月5日の訓練終了後、数日の間に逐次、撤収予定で、米軍戦闘機は同6日まで基地に残るという。

 19日の来県後、宮崎市内では、九州防衛局が24時間態勢で巡回中。同課によると米軍隊員はホテル滞在中、コンビニ利用などのため外出しているという。

 委員からは「県側の要望はすべて押し切られた。残念な結果」。「危機感を発信し、全国レベルの問題にすべき」などの意見が出ていた。

その他の記事/過去の記事
page-top