【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

作品集25「上を向いて歩こう」刊行

本紙掲載日:2020-10-26
3面
みやざきエッセイスト・クラブの作品集25「上を向いて歩こう」

みやざきエッセイスト・クラブ

 みやざきエッセイスト・クラブの作品集25「上を向いて歩こう」がこのほど鉱脈社から刊行された。県内のエッセイスト24人による30作品を収録している。

 タイトル名は谷口二郎さん(産婦人科医、宮崎大学医学部看護学科臨床教授)の作品から。暗い気持ちで歩いている自分に気がつき、上を向いて歩くと「気持ちがパッと明るくなった」。このタイトルのように新型コロナ禍にあって前向きになれ、力をもらえるような作品が並んでいる。

 旭化成で延岡勤務が長かった鈴木康之さんは「たゆたえども沈まず」と題したエッセーを寄せた。タイトルは、「どんな苦難にも決して屈しない船乗りの心意気」を表現した言葉。「セーヌ川水運組合の紋章」でその後、「パリ市の紋章になった」という。

 この言葉に出会った1964年の西欧バス旅行の話。旅の途中で遭遇した世界的な政治の動き。昨今のコロナ禍での医療従事者への謝意、口蹄(こうてい)疫ウイルスの克服体験、地球温暖化などを取り上げ、さまざまな問題とこれからの行く末。それらを案じながらも、タイトルの意味に気持ちを込めた。

 鈴木さんは34年8月生まれ。58年に旭化成工業(当時)に入社。旭化成労連書記長などを経て延岡支社次長、新日本化学(新日本ソルト)社長などを歴任。現代俳句協会会員、俳誌「海程」同人。2016年に宮崎市芸術文化功労賞受賞

 「上を向いて−」の執筆者は、冒頭を飾った伊野啓三郎さんの「ウイルスからの脱出」、最後は渡辺綱纜さん「コロナコロナ/コロブナコロブナ」など。

 カバー絵、扉絵とも山本祐嗣さん(日本美術家連盟会員、県美術家協会会長)。1996年の題1集から毎年発行し今年で四半世紀を迎える。定価1200円(税別)。

その他の記事/過去の記事
page-top