【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡に新たなブランド

本紙掲載日:2020-10-24
1面
日本百名月に認定登録された「愛宕山展望台から望む月」

「日本百名月」に認定登録−九州で5カ所目

◆愛宕山から見た海から昇る幻想的な夜景

 延岡市は22日、同市の「愛宕山展望台から望む月」が日本を代表する名月(夜景観光)として、一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューロー(東京都中央区)が選ぶ「日本百名月」(第57号)に認定登録されたと発表した。九州では5カ所目、県内は初めて。

 日本百名月プロジェクトは、月の魅力を時代に即した観光視点から捉え、より強い日本の夜景資源へと昇華させることを目的に、今後百年続く新たな観光ブランドづくりの取り組み。今月2日に開かれた推進委員会の第6回日本百名月の選定で決まった。

 登録認定は2016年からスタートし、第1回から第5回の推進委員会で52カ所を認定・登録。第6回目となる今回は延岡市を含め6カ所が選ばれ、認定登録地は計58カ所となった。今後も継続的な調査と選出を実施し、全国100カ所の名月地を選定していくという。

 愛宕山は延岡市南部に位置する標高251・3メートルの山。古くは「笠沙の山」「笠沙の岬」と言われ、ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメが出会い、結婚したとの伝説が残ることなどから、「出逢(あ)いの聖地」として親しまれている。

 山頂付近の展望台からは延岡市街地を一望でき、晴れた日は日向灘はもちろん、四国の山並みまで見えることがある。夜は眼下の市街や半島など、海岸線に沿って夜景が広がる。工場地帯や住宅街など明かりの種類も豊富で、04年には「日本夜景遺産」に認定されている。

 同法人は「広々とした空や海は月を愛(め)でるロケーションとして抜群の開放感だ。満月が昇る日は大海原に『月の道』が浮かび上がり、夜景がより幻想的に昇華。まるで街明かりと自然の月が出逢い、結ばれていくような幽玄なる光景を楽しめる」としている。

 読谷山市長は「夜景の美しさに加え、日本百名月が鑑賞できる場所、しかも神話の神々の出逢いの地であることを多くの人に伝え、多くの人に来ていただきたい。延岡の魅力をさらにPRしたい」と話していた。

 九州の「日本百名月」認定登録地はこのほか、「稲佐山から望む月」(長崎県長崎市、第4号)、「竹田市・岡城・荒城の月」(大分県竹田市、第37号)、「たがわ炭坑節の月」(福岡県田川市、第41号)、「水郷柳河の月」(福岡県柳川市、第50号)。

その他の記事/過去の記事
page-top