【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

アクセサリーと手織り作品

本紙掲載日:2020-10-23
6面
畦原さんと西嶋さんが開いている「秋を装う二人展」(延岡市幸町の虎彦サロン)

30日まで虎彦サロンで二人展

◆畦原純子さんと西嶋弘子さん

 延岡市のアクセサリー・ワイヤアート作家、畦原純子さん(鶴ケ丘)と染色・羊毛フェルト作家、西嶋弘子さん(古川町)の「秋を装う二人展」が30日まで、同市幸町の虎彦サロンで開かれている。

 畦原さんは7、8年前にアクセサリー作りを本業とし、「オトナ可愛工房fifi」を立ち上げた。ワイヤ、スワロフスキー、ベネチアンガラスなどを使ったアクセサリー、オブジェなどを制作。高千穂町ではお土産用の商品も手掛けている。

 西嶋さんは30代で手織りを始め、49歳で福岡市立中学校の教職を早期退職して本格化した。温かみのある作品をワークショップや展示会で発表するほか、自宅で「羊毛と糸の店ガレ」を開いている。

 普段は個別に活動しているが、2人を含む6人の作家グループ「SAoCha(サオカ)」としても定期的に活動。そうした縁で今回の二人展が実現した。

 畦原さんは、今回が初の出品という「猫のサンキャッチャー」など、一つひとつ作り込んだ作品を展示。西嶋さんは自宅の大きな織機で丁寧に仕上げたストールや小物などを並べている。

 畦原さんは「どの作品も上質な素材で丁寧に一つひとつ作っています。同じ物は一つもなく、作品は一期一会。ぜひ見に来てもらいたい」と話した。

 また、作家グループSAoChaは12月7〜12日に同市中町のチムニーでクリスマスに関連したイベントを予定している。

その他の記事/過去の記事
page-top