【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

若山牧水賞に谷岡氏

本紙掲載日:2020-10-22
1面
谷岡亜紀氏(県提供)

歌集「ひどいどしゃぶり」

◆授賞式は来年2月2日

 郷土が生んだ国民的歌人にちなむ「第25回若山牧水賞」に、神奈川県在住の歌人、谷岡亜紀氏(60)の歌集「ひどいどしゃぶり」が選ばれた。同賞運営委員会(委員長=河野知事)がきょう、発表した。谷岡氏は「高知県出身の私はずっと宮崎県をライバルだと思っていた。うれしくありがたく、選者、スタッフの皆さまに心より御礼申し上げる」とコメントした。

 河野知事は「25回の節目。選考委員、歴代受賞者の活躍で、日本を代表する短歌文学賞の一つとして高い評価を得ている」とあいさつし、受賞者を発表した。

 谷岡氏は高知県出身。早稲田大第一文学部中退。短歌結社「心の花」選者。アジア各国を旅した体験を具体的に歌にした作品が特徴という。作品は第5歌集で、今年8月に発行された。

 1987年に「『ライトヴァース』の残した問題」で第5回現代短歌評論賞、94年に歌集「臨界」で第38回現代歌人協会賞、2019年に歌論「言葉の位相」で第17回日本歌人クラブ評論賞・第6回佐藤佐太郎短歌賞などを受賞している。

 今回は21日にリモートで選考委員会を実施した。受賞者発表には河野知事、歌人伊藤一彦氏が出席。佐佐木幸綱氏、高野公彦氏、栗木京子氏はリモートで参加し、講評した。

 伊藤氏は「行動的で思索的で視野が広い。歌壇中堅の代表的な歌人で牧水に勝るとも劣らない酒飲み」。栗木氏は「若山牧水の旅と、谷岡さんの旅を比較しながら読むと楽しいのでは」と評した。

 授賞式と祝賀会は来年2月2日、宮崎市内のホテル。同3日午前には延岡市内の高校を訪問し、午後には日向市文化交流センターで受賞記念講演会を開く予定になっている。

その他の記事/過去の記事
page-top