【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

子ども食堂を支援−貧困対策推進で連携協定

本紙掲載日:2020-09-28
3面
子ども食堂の代表と記念撮影する櫛山店長(中央)と堀之内理事長(右から3人目)

MEGAドン・キホーテ延岡店

 総合ディスカウントストアなどを展開するドン・キホーテ(本社東京・吉田直樹代表)は23日、延岡市の子どもネットワークのべおか(堀之内健吾理事長)と県北の子どもの貧困対策推進を目的に包括連携協定を結んだ。今後、同ネットワークが窓口になって延岡、日向市、門川町の2市1町で活動する子ども食堂を支援、調味料などを寄贈するという。

 調印式は市民協働まちづくりセンターであり、MEGAドン・キホーテ延岡店の櫛山豊店長と堀之内理事長が調印文書を交わし、記念品を交換した。同市内と門川町の子ども食堂代表、延岡市議、門川町議、日向市議らが同席した。

 同社ではCSR(企業の社会的責任)活動として、地域貢献に積極的に取り組んでいる。櫛山店長は延岡市の出身で昨年3月に着任。「ふるさとのために」と同7月から市内の子ども食堂に調味料を寄贈、今年4月からは門川町の子ども食堂にも寄贈するようになった。

 寄贈を始めてから約1年がたったこともあり、協定を結び支援を拡大することを決めた。今後は日向市内の子ども食堂にも支援の輪を広げるという。

 子ども食堂は、延岡市、門川町、日向市に現在、9カ所があり、それぞれ独自の運営をしている。いずれも食材の寄贈は多いが、調味料は少ないことから、同社の支援はとても助かるという。今後は、各食堂の要望に応じて月に1回のペースで支援するとしている。

 櫛山店長は「着任以降、ふるさとへの恩返しができないかと模索していたところ、子どもネットワークのべおかの皆さまとご縁がありました。会社としても、個人としても、延岡のためにできることを考えながら力を注ぎたい。地域の子どもたちの笑顔を引き出せるような店舗運営に努めたい」

 堀之内理事長は「子ども食堂は増えていますが、多くが、ぎりぎりの運営。コロナ禍の中、継続的・安定的にご支援いただけることに心から感謝します」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top