【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県高文祭が開幕

本紙掲載日:2020-09-28
1面
アトラクションで演奏する五ケ瀬中等教育学校太鼓部(26日、宮崎市のメディキット県民文化センター)

21部門に63校約3500人が参加

◆コロナ対策、無観客や内容変更−会場・県内6市

 県内の文化系部活動高校生の祭典「第42回県高校総合文化祭」が26日に開幕した。10月3日まで県内6市の会場で行われる21部門に63校約3500人が参加する。今年は新型コロナウイルス感染症対策として無観客や内容変更などを実施。例年とは違った形式となったが、生徒たちはこれまでの練習の成果を披露する。

 今年は文化系部活動でも新型コロナの影響によって、学校休業や大会・コンテストの中止などが続いた。同日に宮崎市のメディキット県民文化センターであった総合開会式も、例年は客席を高校生が埋め尽くすが、今年は無観客。高校生が手づくりした式典の模様はインターネットでライブ中継された。

 式典で日隈俊郎県教育長は「すべての高校生の文化芸術活動に取り組むひたむきさに敬意を表したい。日ごろの部活動の成果を発揮されることを期待する」とあいさつ。県高校文化連盟に加盟する63校が映像で紹介された。

 その後のアトラクションでは、五ケ瀬中等教育学校太鼓部11人が太鼓の勇壮な響きと軽快な動きで躍動感ある演奏をして開幕を祝った。

 今年は生徒会交流と国際・ボランティア部門がオンライン会議アプリ「ZOOM」などを使ったウェブ開催としたほか、例年作品展示を行っている美術と書道部門は、作品審査のみとした。放送部門も作品やアナウンス・朗読の発表と審査を中止し、講習会を開いて生徒同士の交流を深める場とした。そのほかの部門でも一般観覧を制限や会場の変更など予防策を講じて実施する。

その他の記事/過去の記事
page-top