【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

スズメバチ、庭に大きな巣

本紙掲載日:2020-09-26
3面
上田さん方の庭でハンドボールほどの大きさまで育ったハチの巣(25日)

自ら駆除、上田さん「皆さんも注意を」−延岡

 「まさかこんなところにあるとは。皆さんにも気をつけてもらいたい」と話すのは、延岡市西小路の上田博さん(85)。自宅庭にスズメバチが営巣していることに気づき、自力で駆除した。「気づかないうちに巣を作っていた。ほかにもあるのでは」と注意を呼び掛けた。

 上田さんが異変に気づいたのは9月12、13日ごろ。小道具置き場として使っていた軒下の棚にハチが出入りしているところを見掛けた。棚には使い古しのカーテンでカバーをしていたが、ハチはそのわずかな隙間から出入りしていた。

 数日後には、カバーの一部が破られて、しま模様の巣の表面があらわに。これは大変だと感じた上田さんは、ホームセンターで道具と殺虫剤を買いそろえ、万が一に備えて救急病院の連絡先を調べて、17日夜に駆除を実行した。数日後に巣を取り出すと、ハンドボールほどの大きさになっていた。

 スズメバチは5月初旬から11月中旬にかけて活動し、8月から9月ごろが最も盛んになる時期。9月中旬ごろには新女王バチが生まれるため、働きバチが巣に対して非常に敏感になるため、スズメバチの巣の周辺が一番危険な時期になるという。

 上田さんは「ここは住宅地。ほかにもハチが巣を作っているかもしれないので、みなさんにも気をつけてもらいたい」と話した。

 市消防本部によると、危険を感じる場合には専門業者に駆除の依頼をするよう勧めている。

その他の記事/過去の記事
page-top