【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地域を支える多彩な活動

本紙掲載日:2020-09-25
6面

第47回夕刊デイリー明るい社会賞

◆受賞した個人、団体の紹介


◆地域の環境美化のリーダー
岩切寛躬(ひろみ)さん(82)延岡市下伊形町

井替川右岸堤防の草刈りなど奉仕作業に地域のリーダーとして率先して取り組み、地域の環境美化に貢献してきた。
同所の環境整備は有志と共に企画し、刈り払い機を使っての除草を10年以上も続けた。また、ウオーキングコースやあぜ道の整備などに週2回取り組み、住民の健康づくりの場をきれいに保った。
12年にわたり民生委員児童委員としても活躍。児童生徒の見守り、通学路の危険箇所の点検、高齢者宅への小まめな訪問や各種サークル紹介など地域に根差した活動が喜ばれた。
「自分は何もしていないと思っていた。こういう機会をもらい、(再び)脳細胞を活性化していただき感謝している」。冗談を交え、受賞を喜んだ。
(推薦者=盒鏡菊鵝η聖組合法人いがた代表、盒桐喜哉・JA延岡生産組合長協議会長、松田勝則・延岡市議会議員)



◆西郷隆盛宿陣跡資料館の管理人
児玉剛誠(ごうせい)さん(77)延岡市北川町長井

北川町の文化財・民俗学に精通し、西郷隆盛宿陣跡資料館や北川陵墓参考地の案内など、豊富な知識を生かして精力的に活動している。「好きなことをやっているだけですが、受賞はうれしいです」と周囲の人々に感謝する。
町全域の文化財の資料収集の他、旧北川町の町史編さんに携わるなど、まちの文化財保護・伝統文化継承などに取り組み、2007年から同資料館の管理人として、施設の管理運営や来館者への説明をしている。
また、日向神話にも精通。資料館に隣接する北川陵墓参考地の陵墓守部を宮内庁から10年に委嘱され、以来、巡回や清掃活動を続けている。「西南戦争や日向神話を若い世代にもっと知ってほしい」と力を込める。
(推薦者=岩田数馬・北川町俵野区区長、米田安壮・同町区長連絡協議会会長、井本成夫・延岡市北川総合支所長)



◆施設訪問、学校支援など多彩に活動
濱田憲司さん(78)延岡市長浜町

旭化成を退職後、友人の勧めで舞踊を始めた。2000年から延岡市構口町の昭和苑で披露し、喜ばれている。
一方、03年から東小学校の児童に農家の苦労や食べ物の大切さを知ってもらおうと、田んぼを無償で貸し出し、田植えから餅つきまで指導。毎年、児童から感謝の手紙が送られ、読むことが楽しみの一つ。
08年4月から市少年少女発明クラブのボランティア活動に加わり、子どもたちに発明のアドバイスをする。
長浜町公民館の文化部長を務め、地区の住民からの信頼も厚い。また、延岡地区年金協会会長として尽力している。「体が続く限り、奉仕の精神でできることをやっていきたい」と話す。
(推薦者=久富熊雄・延岡地区年金協会事務局長、末廣恭雄・東小学校校長、西島輝夫・長浜公民館館長)



◆「引退後は地域のため」実行
黒木功さん(79)延岡市富美山町

「皆さんのご協力があってのこと。本当に、ただただ、ありがたいだけです」と、地域の支えに感謝する。
「自分たちの地域をより良くしたい」との思いで、富美山地区社会福祉協議会の理事として積極的にボランティア活動に臨む他、富美山北団地区さんさんクラブ会長として、高齢者活動を主導する。
市内の運送会社で大型トラックのドライバーとして定年まで勤め、さらに10年間関連会社に勤めた。引退後は地域のために尽くそうと、さまざまな活動に携わるようになった。
明るく前向きな人柄で人望も厚い。近隣に高齢者世帯が増え、手入れが行き届かない庭の草刈りや剪定(せんてい)を頼まれることもしばしば。いつも笑顔で引き受けている。
(推薦者=塚原敏彦・富美山北団地区長、佐伯卓信・富美山地区社会福祉協議会会長、西村洋文・延岡市民生委員児童委員協議会会長)



◆大瀬作業所を応援して60年
土田聡さん(85)延岡市伊達町

精神障害者らの自立生活支援と地域の福祉を目的としたNPO法人「のべおか城昇会」の理事長として、2011年3月に完成した就労継続支援B型の地域活動支援センター「大瀬作業所」の建設に尽力した。
その他にも、伊達町の民生委員児童委員、恒富中地区社会福祉協議会会長、伊達町区長を務めるなど長年の活動は多岐にわたる。
信条は、感謝、慎み、助け合い。「障害者の住みやすい社会が、必然的にすべての人が住みやすい社会になる」と考え、大瀬作業所の活動を60年以上にわたり応援してきた。「社会への恩返しと軽い気持ちで始めたが、多くの出会いやアドバイスで続けてこられた。皆さんのおかげです」と感謝する。
(推薦者=岡田秀一・NPO法人のべおか城昇会理事長、日睫脆・大瀬作業所施設長、松下勝美・末広住宅産業代表)



◆地域、青少年のため35年
渡部昂一さん(78)延岡市伊達町

35年以上、延岡市の伊達区役員を務める。1985年ごろから、地域や青少年育成の活動に尽力。指導してきた青少年も今や同区自治会の役を担うなど、後進の育成に力を入れ、自治会活動を盛り上げている。
2006年の安全パトロール隊発足当初から、隊長として地域の子どもたちの見守りも続けている。毎朝、街頭に立って子どもたちにあいさつの大切さを指導し、明るい社会づくり運動に力を注ぐ。
14年から同区区長。防犯灯の整備でLED化を進めてきた他、ごみステーションの整備では、ごみ出しの指導、清掃活動を率先して実施。防災避難路の整備では、区民に避難路の周知を徹底したり、草刈り整備も行って災害時に備えている。
(推薦者=佐藤進一・延岡市公民館連絡協議会会長、城戸富義・元伊達区区長、河野敏・伊達区会計)



その他の記事/過去の記事
page-top