【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

国文祭・芸文祭−来年7〜10月に開催

本紙掲載日:2020-09-25
1面
国文祭・芸文祭延岡市実行委員会の総会

24プログラムを実施−延岡市

 第35回国民文化祭みやざき2020(国文祭)と第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会(芸文祭)の延岡市実行委員会(会長・読谷山洋司市長)は23日、延岡市役所で第6回総会を開いた。来年度に延期された国文祭・芸文祭で延岡市関連分のイベントは、分野別フェスティバルとさきがけプログラムを合わせて24。当初計画より9プログラム増え、実施イベント数が増加したのは県内で延岡市のみだった。

 国文祭・芸文祭は当初、今年10月17日から12月6日までの51日間で予定されていたが、新型コロナウイルスの影響で、来年7月3日から10月17日までの107日間に変更された。

 延岡市では当初計画で予定されていた分野別フェスティバル15事業の中止はなく、日程や会場、一部内容などを変更してすべて実施。延期になったことでさらに「延岡市美術展覧会70回記念特別展示会」と「若山牧水顕彰作品展」が加わり、分野別は17プログラムに増えた。

 来年度に向けた機運醸成を目的に本年度中に実施する「さきがけプログラム」は7事業が企画された。今年10月25日のオータムロビーコンサートを皮切りに、ドライブインシアターや作品展、コンサートなどが行われる。

 市によると、分野別とさきがけを合わせた実質イベント数は、当初計画より9事業増加。他市町村が変更によって事業数が減少する中、増えたのは延岡市のみ。イベント数も宮崎市に次いで2番目の多さとなった。

 総会では分野別フェスティバルの変更内容、さきがけプログラムの実施などを承認。今後は横断幕や行事案内看板など機運醸成や、来訪者の受け入れ態勢を構築していく。読谷山市長は「イベント数が増えたことは各文化団体の皆さんの熱意を感じる。日頃の成果を存分に発揮してもらいたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top