【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新観光列車「36ぷらす3」10月16日デビュー

本紙掲載日:2020-09-22
8面

日替わりプランで九州ぐるり−毎週土曜、日豊線を走行

 JR九州は、九州一周を日替わりプランでつなぐ観光用のD&S(デザイン&ストーリー)列車「36ぷらす3」を、10月16日から運行する。毎週土曜には日豊線の県北区間を走行し、延岡駅に停車することとなっている。

◆走行距離1198キロ世界最長の環状ルート

 世界で36番目に大きい島である九州を舞台に、乗客、地域と一緒に感謝(サンキュー=39)の輪を広げていきたいとの思いを込めて命名。総走行距離は1198キロで、一方向に円を描く環状ルートとしては、寝台列車を除き世界最長になるという。

 曜日ごとにルートを定め、県北は土曜に宮崎空港・宮崎―大分・別府ルートの「緑の路」で走行。ほかに、▽木曜=博多―鹿児島中央(赤の路)▽金曜=鹿児島中央―宮崎(黒の路)▽日曜=大分・別府―博多(青の路)▽月曜=博多―長崎(往復、金の路)―がある。

 豪華寝台列車の「ななつ星in九州」とは異なり、ルートごとに料金を設定。正午前後に出発する日中時間帯のみの運行(長崎発―博多行きを除く)で、宿泊は伴わない。食事なしのグリーン席プランはルート中間の主要駅で乗降でき、走行区間ごとの乗車料金となる。

◆787系車両改修個室や畳敷きも

 車両は1992年に特急「つばめ」としてデビューし、国際的デザインアワードのブルネル賞を受賞した787系電車6両編成を豪華に改修した。

 外装は磨き上げた重厚な黒を基調とし、内装も組子をはじめ、木をふんだんに使用した調度品など和を取り入れたモダンなデザイン。1号車と6号車は靴を脱いで利用する畳敷きとなっている。

 また、座席数を従来の270席から105席と半数以上減らし、ゆっくりとくつろげる空間を確保。先頭3両は個室客車で、2、4、6人用と3種類の計13室が入る。このうち、3号車は「つばめ」で話題となったビュッフェをリニューアルし、厳選した九州の酒やドリンク類、軽食などを提供する。

 4号車は大型モニターや音響設備、バースタイルのカウンターを備えたマルチカーで、さまざまなイベントに活用。客室乗務員による梅酒づくりの体験メニューなどを計画しているという。

◆ルートごとに魅力的な食事やエピソード

 食事付きのランチ、ディナープランではルートごとに、地域の食材をふんだんに用いたメニューの弁当を提供。個室と座席で内容が異なり、緑の路は個室が季節料理かわの(宮崎市)の和食、座席がパッパカルボーネ(同)のイタリアンで、趣向を凝らした海の幸、山の幸を楽しめる。

 各ルートで地域性や魅力を発信する計35のエピソードも用意した。「緑の路」では、延岡駅で延岡観光協会や駅施設を運営するエンクロスによる特産品販売などのおもてなし企画を予定。大分側では〃秘境駅〃として人気の宗太郎駅と重岡駅にも停車し、特産の宇目栗を使ったどら焼きの販売などもあるという。

◆運行初日、宮崎入り

 「36ぷらす3」は30日に博多駅でお披露目され、10月9〜12日にかけて各地で試運転。運行初日の16日は鹿児島中央駅から宮崎駅までの「黒の路」を走行する。

 一方、博多―鹿児島中央を走る木曜の「赤の路」は熊本県内の肥薩おれんじ鉄道線が7月の豪雨で被災したため、当面は運行を見合わせる。

 JR九州によると、予約状況はすでに運行開始後1週間程度まではほぼ満席だが、それ以降は余裕があるという。同社は「ななつ星は小さなお子さんは利用できないが、36ぷらす3は大丈夫なので、家族で乗ってもらいたい。新型コロナウイルス感染症対策もしっかり実施しているので、安心して利用してほしい」と呼び掛けている。予約や詳細情報はJR九州のホームページから。

 各プランの販売価格は次の通り。いずれも1人当たりの料金。子ども料金は6〜12歳(小学生)が対象で、6歳未満は無料となる。

 また、ランチ・ディナープランの食事なし料金は子どものみが対象。2人個室を1人で利用する場合は、ルートにより1万〜1万9千円の追加料金がかかる。

■ランチ・ディナープラン
【赤の路(博多―鹿児島中央)当面運休】個室=大人2万5500円、子ども2万500円(食事なし1万4500円)▽座席=大人2万500円、子ども1万5500円(同1万3000円)

【黒の路(鹿児島中央―宮崎)】個室=大人1万7000円、子ども1万3500円(食事なし7500円)▽座席=大人1万2000円、子ども8500円(同6500円)

【緑の路(宮崎空港―大分・別府)】個室=大人2万1000円、子ども1万6500円(食事なし1万500円)▽座席=大人1万6000円、子ども1万1500円(同9500円)

【青の路(大分・別府―博多)】個室=大人1万9500円、子ども1万5500円(食事なし9500円)▽座席=大人1万4500円、子ども1万500円(同8000円)

【金の路(博多長崎)】個室=大人1万85000円、子ども1万5000円(食事なし9000円)▽座席=大人1万3500円、子ども1万円(同7500円)

その他の記事/過去の記事
page-top