【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

東九州フェニックス連覇

本紙掲載日:2020-09-19
9面
全3試合完封勝ちで2連覇を飾った東九州フェニックスのメンバー(提供写真)

準優勝は方財PROUD−ソフトボール

 第2回県ソフトボール選手権大会(ゴム)一般男子の部は12、13の両日、宮崎市のひなた県総合運動公園内であった。決勝は県北対決となり、門川町の東九州フェニックス(田中豊和代表、岩田哲也監督)が方財PROUDソフトクラブ(延岡市)を2―0で下して2年連続優勝を飾った。

 大会には県内から10チーム、このうち県北からは両チームとキャメル日向SBC(日向市)、日向市役所ソフトボール部(同)、壮年フェニックス(門川町)、ガンズ(高千穂町)の6チームが出場。トーナメント戦で優勝を争った。

 決勝は三回まで東九州の江藤紘、方財の工藤祐太による投手戦を展開し、ゼロ行進が続いた。東九州は四回裏1死二塁の好機に、6番岩切蓮の左前適時打で1点先取。五回裏2死からは1番岩切駿が中越え三塁打を放ち、敵失を絡めて1点追加した。投げては江藤紘が五回まで相手打線を被安打1、10奪三振の好投を見せ、抑えの岩切との完封リレーで逃げ切った。東九州は全試合完封勝ちでの堂々の2連覇を果たした。

 岩田監督は「コロナ禍で試合も練習も全くできずに本選に臨みましたが、選手たちはよくやってくれました。監督として心強いばかりでした。選手たちに感謝です」と選手の健闘をたたえた。

 また、「他のチームの皆さんも大変な中、参加してもらい感謝しています。また大会関係者や審判団の皆さん、大会を開催いただきありがとうございました。今後もソフトボールで地域を盛り上げていきたい」と感謝した。

 県北勢の主な試合結果は次の通り。

▽1回戦=原の迫スポーツクラブ(日南市)8―1ガンズ(高千穂町)、方財PROUDソフトクラブ(延岡市)10―0フレンズ(宮崎市)

▽2回戦=東九州フェニックス(門川町)7―0キャメル日向SBC(日向市)、方財PROUDソフトクラブ10―7壮年フェニックス(門川町)、日向市役所ソフトボール部(日向市)4―0瓜生野ソフトOB(宮崎市)

▽準決勝=東九州フェニックス5―0堀口タイガース(宮崎市)、方財PROUDソフトクラブ4―0日向市役所ソフトボール部

▽決勝
方財PROUD  0000000−0
東九州フェニックス000110×−2
(方)工藤―高田
(東)江藤、岩切蓮―東
▽三塁打=岩切蓮(東)▽二塁打=黒木晴(東)

その他の記事/過去の記事
page-top