【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

遺体はベトナム人技能実習生トアンさん

本紙掲載日:2020-09-19
1面

椎葉村土砂崩れ

◆残る3人、さらに捜索続く

 椎葉村下福良の十根川で17日に発見された遺体の身元について、日向署は18日、台風10号の大雨による土砂崩れで行方不明となった建設会社「相生組」のベトナム人技能実習生のグエン・ヒュー・トアンさん(22)と発表した。同署によると、死因は圧死。指紋などでトアンさんであると判明した。

 遺体発見場所は、土砂崩れの現場から約3キロ下流で、音ケ瀬大橋から北方約200メートルの十根川右岸。10日にも地元消防団がショベルを使って捜索した場所だったが、相生組の従業員が再度、重機を使って行方不明者を捜索。17日午後2時35分ごろ、堆積した土砂の中から遺体の一部を発見し、手作業で男性の遺体を掘り出した。

 18日は地元消防団や相生組、日向地区建設業協会青年部が捜索を実施。遺体が発見された現場周辺を重点的に捜したが残る3人の発見には至っていない。

 19日は午前から消防団や相生組に加え、県建設業協会青年部連合会の約100人が加わり、3人の捜索に当たっている。

 1人の身元が判明したことを受けて、河野知事は「古郷から遠く離れた椎葉村の地でご活躍されたトアンさんのご冥福をお祈りいたします。依然3人が行方不明であり、一日も早く発見されるよう心より願っている」とコメントした。

◇県、台風10号による死者に認定

 発見された遺体がトアンさんと確認されたことを受けて、県は18日、台風10号による土砂災害による死者と認定した。これにより県内での同台風による椎葉村の人的被害は死者1人、行方不明3人、軽傷者1人となった。

 このほか同台風による軽症者は、宮崎市、延岡市で2人、日向市、串間市、えびの市で各1人。

その他の記事/過去の記事
page-top