【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡市沖田地区の農地集約に着手

本紙掲載日:2020-09-17
3面

県道構口工区は5割が完了−県

 県は15日、延岡市の沖田地区で農地集約による改良整備に着手したことなど、市内で進められている農地と県道の整備状況を報告した。県議会定例会の一般質問で、大久津浩農政水産部長と明利浩久県土整備部長が、井本英雄議員(自民、延岡市区)に答えた。

 大久津部長は沖田地区について、市内有数の水田地帯ながら農地区画や農道が狭く、大型機械の導入が困難で、大雨時には排水不良による淡水被害が発生しているため、地元から長年にわたり、整備が要望されていたと振り返った。

 そうした中、主要な農地で集積の意向がまとまり、全131ヘクタールのうち32ヘクタールが今年度国庫補助事業に採択されたという。整備計画には作付け品目に応じて農地を区分し、タマネギなど高収益作物を導入する営農構想が盛り込まれた。

 大久津部長は構想の実現に向け、「市や土地改良区などの関係機関と連携して、残る区間の早期採択と一刻も早い工事完成に取り組んでいきたい」と力を込めた。

 一方、質問があった県道のうち、延岡警察署交差点―南延岡駅前交差点の安賀多通線・構口工区は、渋滞対策や通学路確保を目的に970メートル区間を2015年度から整備している。

 明利部長は、今年度当初予算の9億円を含め、進捗(しんちょく)状況は事業費ベースで約5割と説明。今後は引き続き用地買収を進め、今年度は初めて延岡署側の区間で工事に着手する計画という。

 北方方面の樫原―細見線は細見工区で冠水対策を進めており、総延長860メートルのうち、これまでに約300メートルが開通。今年度末にはさらに、約400メートルが通れるようになるとした。

 同じく、板上―曽木線は三椪工区約3・5キロ区間の整備箇所15カ所のうち、6カ所で測量や設計、用地買収を進め、今年度中に一部着工。上祝子―綱の瀬線は下鹿川工区約2・1キロ区間の整備箇所12カ所のうち、8カ所で測量や設計などを進めていることが報告された。



その他の記事/過去の記事
page-top