【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ワーケーションを推進

本紙掲載日:2020-09-17
1面

施設整備に市単独で補助−日向市

◆仕事紹介付きの実証実験も

 全国有数のサーフィンスポットを有する日向市が、コロナ禍の新しい働き方として注目を集める「ワーケーション」の推進に乗り出した。受け入れ施設を整備する事業者への支援のほか、国内でも数少ない「お仕事紹介付きワーケーション事業」の実証実験も予定しており、将来の移住や企業誘致の可能性を探りたい考えだ。

 旅先で休暇を取りながらリモートワークするワーケーションは、「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた造語。菅義偉首相が、官房長官時代に政府の会議で推進を表明して話題となった。

 日向市によると、市内の空き物件などを活用してワーケーションなどに対応するオフィスを開設、売買、賃貸借する事業者に対し、改修経費の半額以内、最大500万円を補助する。

 開会中の市議会定例会に補正予算500万円を提案し、可決されれば10月から受け付けを始める。

 商工港湾課によると、全国から訪れるサーフィン客の中には、市内の宿泊施設に長期滞在しながらリモートワークする人もいるという。ワーケーションはこうしたサーフィン客が主要なターゲットになるとみられている。

 並行して行う調査は、公募型プロポーザル方式で「パーソルワークスデザイン」(本社・東京)に委託。お仕事紹介付きワーケーション事業などの実証実験やマーケティング、モニタリングを行う。実証実験の参加者は今後募集し、11月ごろ同市平岩に設置予定のオフィスで期間を限定して実施する。

 十屋市長は「コロナ禍により、都市部ではリモートによる働き方を推奨する動きが加速しており、場所を選ばない新しい働き方が広がっている。スピード感を持ち、ワーケーション事業などを展開する民間事業者を後押ししたい」と狙いを話した。

 一方、コロナ禍で都市部から地方への移住に関心が高まる中、旧幸脇小学校校長住宅を一部改修し、希望者の新たなお試し滞在施設とする。1日千円で最大14日間利用できる。

 レンタカーを利用して市内で活動する移住希望者には、1日3千円を上限に最大14日間補助する。11月2日から受け付けを開始する。

その他の記事/過去の記事
page-top