【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

芋焼酎の仕込み始まる−佐藤焼酎製造場

本紙掲載日:2020-09-17
8面
仕込み作業に汗を流す杜氏の甲斐さん(左)と白石さん

来秋に新酒、新銘柄の全国展開も−延岡市祝子町

 延岡市祝子町の佐藤焼酎製造場(山岸逸人社長)で、今季の芋焼酎の仕込みが始まった。レギュラー商品の「延岡城下町」「亮天」に加え、「クラフトシリーズ」の新銘柄を全国展開する計画で、今月、11月と2回にわたって行う。

 原料のサツマイモは地元の延岡産のほか、県南地域から調達した黄金千貫を使用。その量は昨年の倍となる約20トンになるという。

 午前中は屋外に設置されたテントで、社員とアルバイトが芋を洗って傷を取り除く作業などを繰り返す。そして、午後からは蒸して粉砕された芋を米麹(こうじ)と、祝子川の地下深層水を使った仕込み水とを合わせて発酵用のタンクに送る。

 発酵室では、杜氏(とうじ)の甲斐智さん(39)と酒造部主任の白石将太さん(28)が、均等に発酵が進むようタンクをかき混ぜる作業に汗を流している。

 今季の芋は大ぶりで実が詰まったものが多く、品質も上々。古賀隆雄専務(39)は「原料は安心安全の県産にこだわっている。全国展開の計画も進めており、高品質でおいしい焼酎を作りたい」と話していた。

 今季仕込み分の芋焼酎は1・8リットル瓶で約1万本。来年の秋口に新酒として販売される。

その他の記事/過去の記事
page-top