【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

コロナ対策で減少、どう補填

本紙掲載日:2020-09-15
3面

財政調整積立基金−延岡市

◆繰越金の法定積み立てなど活用

 延岡市は、新型コロナウイルス感染症対策費などで繰り出した財政調整積立基金の減少分の補填(ほてん)について、前年度決算に伴う繰り越し金の法定積み立て分などを活用するとともに、さらなる効果的・効率的な行財政運営に取り組む考えを示した。14日の市議会9月定例会一般質問で、川島登総務部長が北林幹雄議員(自民党きずなの会)の質問に答えた。

 北林議員は、市独自の新型コロナウイルス感染症対策費に市民救済の観点から敬意を表しつつ、同基金から年度当初の予算編成で約8億円、6月までの感染症対策費で約15億円が支出され、昨年度末で約51億円あった残高が約28億円に減った現状に触れ、減少分の補てんの考えを聞いた。

 川島部長は、同基金から当初予算の財源調整や感染症対策費の計23億円の繰り入れを説明。減少分の補てんに関しては、「令和元年度決算に伴う繰越金の法定積立分の約7億円や、同感染症に対応した国の地方創生臨時交付金の限度額約20億円のうち、予算未計上分の約12億円などを活用したい」とした。

 ただ、今後さらなる感染症の追加対策の必要性や景気の低迷等で歳入が不透明な状況など、現時点で減少分の補てんを正確に見込むことは困難と指摘。「今後も国や県の財政支援を要請するとともに、さらなる効果的、効率的な行財政運営に取り組み、少しでも多く残高を確保できるよう努めたい」と述べた。

 また、財政支出抑制の可能性を問う議員の再質問に対し、読谷山市長は「国・県の支援を活用しながら、市が取り組むべきことにはしっかり取り組む基本的な考えの下、行財政運営を行う必要がある。効率的な予算執行、入札の積極的な競争力を高める対応などによる執行残を確保するなど、トータルで財政運営を行いたい」との考えを示した。

その他の記事/過去の記事
page-top