【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ごみ散乱、北川支流の小川沿い

本紙掲載日:2020-08-12
1面
河原のやぶに捨てられた大量のごみを集める市職員ら

キャンプ、川遊び帰りに投棄−延岡市北川町

 透明度が高いことから「奇跡の清流」と呼ばれる延岡市北川町の北川支流・小川沿いで11日、大量のごみが見つかった。キャンプや川遊びに来た人が捨てたとみられ、一部の人の非常識な行為に市と近所の住民は「モラルを守って」と強く呼び掛けている。

 ごみが捨てられていたのは、国道10号に近い同町瀬口の河原。

 市北川総合支所地域振興課の広瀬健一さん(39)によると、今年は新型コロナウイルスの影響で海水浴場が使用できず、河原でキャンプや川遊びをする人が多い。ごみの不法投棄は毎年問題になるが、今年は例年と比べて特に目立つという。

 11日は、市職員4人がやぶや河原に捨てられたごみを拾い集めた後、軽トラックで回収した。集まったごみの中には、キャンプで使用されたと思われるテントのほか、空き缶、発泡スチロールなどがあった。

 また、バーベキューをする時に河原の石の上で直接火を使用した形跡が数カ所あり、残された食べかすや炭に虫が群がっていた。

 広瀬さんは「河原で遊ぶのは構わないが、みんなが安心して楽しく使えるよう、最低限のマナーを守ってほしい」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top