【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

使用済みマスク、ポイ捨てやめて

本紙掲載日:2020-08-07
3面

路上や植え込み−延岡市区長連絡協議会が訴え

 路上や道路の植え込みなどに使用済みマスクのポイ捨てが目立つことから、延岡市区長連絡協議会(吉田敏春会長)は、マスクを不用意に捨てないようにと呼び掛けている。市と連携して市内全390区の区長には、マスク回収を呼び掛ける文書を郵送した。

 まず、市民がマスクを捨てないことが前提だが、落ちていた場合には区長が回収するとして、三つの感染防止対策を明記した。注意事項3点は、.泪好を着用、手袋や火ばさみなどを使用する回収したマスクは透明ビニールなどに入れ、回収時にマスクと分かるよう表に「マスク」と明記してごみ収集日に出すL屬覆匹ない場合にはビニール袋、紙袋が飛ばないように上に重しをする―。

 吉田会長は「私の区だけでもすでに5枚を回収した。これ以上感染を広げないためにも、何とかしないといけない。皆さんには苦労をおかけするが、区長が率先して動くことで延岡の安心、安全につなげたい」と協力を呼び掛ける。

 森口正輝事務局長は「ポイ捨てをしないこと。マスクを洗って干すときには、風で飛ばされないように工夫をしてください」と話し、たばこの投げ捨てにも困っていると訴えた。

 環境省は家庭でのマスクなどの捨て方として、ごみ箱にごみ袋をかぶせ、いっぱいになる前に早めにしばって封をする。この時、マスクなどのごみに直接触れることがないように注意。最後にごみを捨てた後は、せっけんなどで手をしっかり洗うよう呼び掛けている。

その他の記事/過去の記事
page-top