【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

進路に役立つ専門書購入へ−日向高生

本紙掲載日:2020-08-06
8面
クラウドファンディングに挑戦している日向高の生徒

CFに挑戦、支援募る

 日向市の日向高校(星衛俊一郎校長、546人)の3年生有志が、進路に役立つ専門書を購入しようと、インターネット上で資金を募るクラウドファンディング(CF)に挑戦している。集まった資金で購入する本は、市内の飲食店など約20カ所にも配置する計画。他校の生徒も読むことができる環境づくりと、飲食店の利用促進など街の活性化につなげる考えだ。

 プロジェクトに取り組むのは、教育系大学への進学を目指す生徒9人。当初、市内小・中学校で調べ学習のサポートを計画していたが、新型コロナウイルスの影響による臨時休校が続き、外部での活動も制約されるなどしたため断念。そこで、CFを活用した専門書の購入による高校生の進路支援と、市の産業支援を目指した研究に取り組むことにしたという。

 プロジェクトでは、CFで集まった資金で進学や就職に生かせる専門書を購入。自分たちの「学びのための本」として役立てるだけでなく、飲食店などにも置き、マイクロライブラリーとして開設することにしている。

 7月7日にスタートしたCFは10日まで。支援額は一口3000〜3万円で、目標額は150万円。これまでに100人超の支援者から約100万円が寄せられている。

 メンバーはこのほど、市しごと創生拠点で途中経過を報告。普通科の大江太郎さん(17)は「クラウドファンディングは、普通の高校生活ではなかなか体験できないこと。生徒が主体となっていろんな意見を出し合い、チームワークを大切にしながら取り組んでいる。地域の高校生はもちろん、日向のまちの活性化のために頑張りたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top