【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

4日、延岡市内を覆うもや

本紙掲載日:2020-08-05
3面
愛宕山から見た延岡市街地。遠くの稜線(りょうせん)がはっきりしないほどかすんでいた(4日午後3時ごろ撮影)

正体はPM2・5などの汚染物質

 4日午前、延岡市内の読者から「無鹿町から見た東海の方がかすんでいる、何か燃やしているのでは」「布団を干そうと思うが、黄砂ではないか」などの問い合わせが続いた。

 大貫町から周囲の山々を見渡すと、指摘の通り愛宕山も行縢山もかすんでいた。黄砂ではないかと、宮崎地方気象台に問い合わせると、もやの正体は「PM2・5(微少粒子状物質)に代表される大気汚染物質」。しかし、数値的には注意を促す基準ではないということだった。

 県がウエブサイト「みやざきの空」で公表している同日午前11時のPM2・5の数値は、空間1立方メートル当たり高千穂保健所40マイクログラム、延岡保健所46マイクログラム、延岡市出北30マイクログラム、日向市春原町40マイクログラム。

 同日午後4時の数値は高千穂54マイクログラム、延岡保健所43マイクログラム、延岡市出北36マイクログラム、日向市春原町42マイクログラム。

 注意喚起発令の基準は「午前中は午前5、6、7時の1時間値の平均値が85マイクログラムを超えた場合」「午後は午後5時から12時までの1時間値の平均値が80マイクログラムを超えた場合」としている。

 この日午後4時までの数値は発令基準を下回っていたが、印象としてはそれ以上のものがあった。電話で問い合わせてきた読者は「私は難病を持っているので黄砂などが非常に気になる」。別の人は「孫がアレルギーを持っているので心配」とそれぞれ話していた。

 「みやざきの空」では1日の平均値が70マイクログラムを超える可能性もあるとして、「不要不急の外出や野外での長時間の運動をできるだけ減らす」「換気や窓の開閉を最小限にするなど、外気の侵入をできるだけ少なくする」「呼吸器系や循環器系疾患のある人、子ども、高齢者は体調に応じてより慎重な行動を」と呼び掛けている。おかしいと感じた時は、注意喚起のあるなしにかかわらず、自衛策を考えた方が良さそうだ。

その他の記事/過去の記事
page-top